絶対に見ておきたいアニメ映画の名作一覧トップ30ランキング!感動、人気、おすすめ!

アニメ映画アニメ・マンガ

今や映画の中でも人気の高いジャンルとなったアニメは、世界中で毎年多くの新作が公開されています。2020年代を迎え、時代の流れとともに更新されていくはずです。アニメ映画のベストランキングをご紹介します。

最近ではテレビでアニメが放送されるのが一般的ですが、最初は劇場の大画面でしか見ることができませんでした。日本のアニメ映画の起源は1900年代初頭。日本の有名なアニメ映画といえば、1985年にスタジオジブリが誕生し、1986年には「天空の城ラピュタ」が公開されました。

アメリカでは、1937年にアメリカの映画スタジオ、ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ)が初のカラー長編アニメーション映画『白雪姫と七人のこびと』を公開しています。ウォルト・ディズニー・スタジオとその子会社であるピクサー・アニメーション・スタジオのファンは現在も世界中に多数存在しています。

ここでは、テレビで放送されたアニメシリーズを除いた日本のアニメ映画を中心にベストアニメ映画を紹介します(ベストアニメシリーズはここでチェック!)。TVシリーズからの映画の適応は、もちろん、意図されています。世界的に有名なスタジオジブリや新海誠のアニメや、日本人に特に人気のある最新作を網羅した、歴代のアニメ映画ベスト30をチェックしよう。

アニメ映画は、エピソード数の多いTVアニメとは違い、1話で完結するため、長くても2時間程度で見ることができます。

史上最高のアニメ映画ベスト10

30位:ハウルの動く城

ハウルの動く城は、2004年に公開された日本のアニメ映画の中でもトップクラスの興行収入を記録した作品である。原作はダイアナ・ウィン・ジョーンズのイギリス小説「ハウルの動く城」で、スタジオジブリがアニメ映画化した。ヒロインのソフィーは、魔女の呪いによって90歳の女性に変身してしまいます。彼女の冒険は、主人公のハウルと動く城を中心に進んでいく。

公開:2004年
ジャンル:ファンタジー
監督:宮崎駿

29位:たまこラブストーリー

たまこラブストーリーは、京都アニメーションが制作した人気の現代活劇アニメ映画である。全12話で構成された前編が2013年にテレビ放送され、2o14年には続編として映画化が発表された。男子高校生の望蔵と幼馴染の珠子のラブストーリーが見事に描かれている。

公開:2014年
ジャンル:スライスオブライフ、コメディー
監督:山田尚子

28位:カウボーイビバップ:映画

2001年に公開された『カウボーイビバップ 天国の扉』は、1999年にテレビ放送された世界的に人気のアニメ『カウボーイビバップ』を映画化した作品です。2071年のハロウィン前日の火星を舞台に、約400人が犠牲になるテロ事件を追うビバップ隊員たちの姿が描かれる。

公開:2001年
ジャンル:アクション、SF
監督:渡辺 信一郎

27位:あの日見た花

2015年、人気アニメ『あの日見た花』を手掛けたスタッフが制作した『心の賛歌』心が叫びたがってるんだ。衝撃的な過去(親の離婚経験)を持つ少女・成瀬純は、言葉は話せないが歌は歌えるようになっていた。学園祭に向けて、彼女はクラスのパフォーマンスとしてミュージカルのヒロインに任命される。

公開:2015年
ジャンル:ドラマ
監督:長井龍雪

26位:ペンギン・ハイウェイ

日本の若手アニメスタジオ「スタジオコロリド」が、森見登美彦原作のSF小説を原作に2018年に製作した『ペンギン・ハイウェイ』。小学4年生の少年・青山と、彼が “レディ “と呼ぶ謎の女性の非日常を中心に描かれる。ある日、彼らの街に突如ペンギンが出現する。

公開:2018年
ジャンル:ファンタジー、スライスオブライフ
監督:石田裕康

25位:彼女の青空

2019年公開の新作アニメ映画『彼女の青空』は、『心の賛歌』『あの日見た花』と同じ永井龍之が監督を務めています。舞台は前作の2作と同じさいたま市の秩父市。主人公の葵と両親のいない姉の茜の前に、茜の13年前の元カレ・新野が現れる。

公開:2019年
ジャンル:ドラマ、ファンタジー
監督:長井龍雪

24位:響け!劇場版ユーフォニアム~僕らの約束~真新しい日々

近年の京都アニメーションの名作の一つとして、『響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』が公開されました。劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』が2019年に公開されました。2015年にTVアニメ第1期、2016年に第2期が放送されたのが先行しています。2年生に進学する大前久美子をはじめ、高校のコンサートバンド部に所属する主人公たちに焦点を当てた、真新しい物語となっている。

公開:2019年
ジャンル:ドラマ、スライスオブライフ
監督:石原立也

23位:劇場版 ソードアート・オンライン オーディナルスケール

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケールは、SAOの略称である人気アニメフランチャイズ『ソードアート・オンライン』の代表作のひとつ。2012年~2013年に放送された第1シーズン、2015年に放送された第2シーズンに続き、2017年に映画で大ヒットしました。物語の舞台は2026年、ARマシン「オーガマ」とオーガマの最新ARMMORPG「オーディナル・スケール」が発明された時代。キリトとアスナはゲームをプレイし始めるが…。

公開:2017年
ジャンル:SF、アドベンチャー
監督:伊藤 智彦

22位:デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

古典的なアニメシリーズのデジモンアドベンチャーは、デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲームという名前の映画化されました。デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!は、細田守監督:の初期アニメ映画の名作として知られています。太一やヤマトをはじめとする主人公たちが、新種の悪のデジモンが出現するデジタルワールドに飛ばされていく。

公開:2000年
ジャンル:アドベンチャー、ファンタジー
監督:細田 守

21位:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ

劇場版 魔法少女まどか☆マギカは、大御所アニメスタジオ「シャフト」が制作した人気アニメシリーズの映画化です。アニメ映画は3部構成。2012年の「始まりと永遠」と2013年の「叛逆」の3部構成。前編と後編はTVアニメシリーズをまとめたエピソードで構成されており、最終回では新たな物語が描かれる。中学生の少女・鹿目まどかは、キュゥべえという犬や猫の形をした生き物と出会う。キュゥべえは、世界を救うために魔法少女になってほしいと申し出てくる。

公開:2012-2013年
ジャンル:ダークファンタジー
監督:新房昭之

20位:スタンド・バイ・ミー・ドラえもん

ドラえもんは世界的にも有名で人気の高いアニメの一つで、2014年にはシリーズ初の3Dコンピュータアニメ「スタンド・バイ・ミー・ドラえもん」として公開されました。アニメ映画では7話のみがピックアップされており、ドラえもんの始まりと終わりが紹介されています。大人も子供も笑って泣いて楽しめるストーリーとなっています。

公開:2014年
ジャンル:SF、ドラマ
監督:山崎貴/八木竜一

19位:この世界の片隅に

この世界の片隅には、2007年から2009年にかけて連載された漫画が原作で、2016年に全世界で最もグロスの高いアニメ映画の1つです。アニメ映画のテーマは第二次世界大戦中の広島で、主人公のすずは原爆の投下を体験しながら戦争を生き延びる。2019年には、「この世界のこの片隅に(さらにいくつもの)片隅に」と題して、オリジナルのものにさらに40分ほどの新シーンを追加した別バージョンが公開された。

公開:2016年
ジャンル:ドラマ
監督:片渕須直

18位:聲の形

聲の形は、2013年~2014年に刊行された全7巻の漫画のアニメ映画化として、京都アニメーションが制作した作品。10代のいじめ、自殺、障害、親の離婚など、繊細な社会問題をテーマにした感動のアニメです。聴覚障害者の少女・西宮祥子と、小学生時代にいじめられていた石田翔也の2人の主人公にスポットを当てたアニメ映画となっている。

公開:2016年
ジャンル:ドラマ
監督:山田尚子

17位:エヴァンゲリオン新劇場版

新世紀エヴァンゲリヲン新劇場版と題して、2007年からリメイクアニメが映画化されている。新劇場版アニメは4部構成となっている。2007年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序)、2009年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破)の4部構成。(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q)、2012年にはヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q、そしてエヴァンゲリヲン新劇場版:Q。2020年には3.0+1.0(シン・エヴァンゲリオン劇場版:||)が発売されます。バイオメカのエヴァンゲリオン同士の人間ドラマやバトルシーンが見どころのアニメです。

公開:2007年~2020年
ジャンル:メカ・アクション・ファンタジー・ドラマ
監督:庵野秀明

16位:傷物語

スタジオシャフトのアニメ映画の代表作として、『傷物語』を挙げてみました。傷物語は、人気アニメ・ライトノベルのフランチャイズである「物語シリーズ」の初期の物語である。アニメ映画は3部構成となっており、主人公の阿良々木暦が吸血鬼に一部転生し、ヒロインの羽川翼と出会うまでを描いている。

公開:2016-2017年
ジャンル:ファンタジー、スライスオブライフ、コメディ
監督:新房昭之

15位:ドラゴンボールZ 復活のF

ドラゴンボールZは、世界中のアニメファンや子供たちに長く愛されている日本のアニメの中でも特に人気の高い作品で、アニメ映画のタイトルもたくさんあります。2015年に公開された『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、新しいタイトルではありますが、アクションアニメの中でもトップクラスの評価を得ている作品です。そのストーリーは鳥山明氏が脚本を担当しており、フリーザの復活から始まります。進化したフリーザと、超サイヤ人神の超サイヤ人フォームを持つ悟空やベジータとの迫力あるバトルシーンを見ることができます。

公開:2015年
ジャンル:アクション、アドベンチャー
監督:山室忠義

14位:ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城は、1979年にアニメ映画第2作目のルパン三世として大ヒットした作品で、宮崎駿監督:初のアニメ映画としても知られている。泥棒の名手アルセーヌ・ルパン三世と仲間の慈眼大輔は、カジノのために大金を盗むが、その金が偽札であることに気づく。そして、偽札の元凶と思われるカリオストロという国に向かい、ヒロインのクラリスを見かけるが。

公開:1979年
ジャンル:アドベンチャー、ファンタジー、コメディー
監督:宮崎駿

13位:ポケモン ミュウツーの逆襲

今や世界中の大人から子供まで大人気のアニメ・ゲームシリーズの一つとなっている「ポケモン」ですが、そのアニメ映画第一弾が「ポケモン」です。1998年に公開された『ミュウツーの逆襲』。この映画では、サトシとピカチュウが人工的に作られたミュウツーと出会い、なぜミュウツーが存在するのかを自問自答する。そのリメイク版ポケモン。ミュウツーの逆襲 は、2019年に最新技術を搭載した22作目のポケモンアニメ映画として公開された。

公開:1998年
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
監督:湯山邦彦

12位:サマーウォーズ

サマーウォーズは、2009年に公開された細田守監督のアニメ映画の中でも最も評価の高い作品の一つです。高校生のケンジと1年先輩の夏樹という先輩が実家を訪れる。サマーウォーズには明確な対比がある。そこには、日本の伝統文化や風習、田舎の豊かな自然が描かれている。同時に、仮想現実世界「OZ」を舞台に、問題を抱えながら物語は進んでいく。

公開:2009年
ジャンル:ファンタジー、SF
監督:細田 守

11位:おおかみこどもの雨と雪

細田守監督の代表作として知られる『おおかみこどもの雨と雪』は、監督が設立したアニメーションスタジオ「スタジオチズ」が2012年に制作した作品。主人公の花は、東京の大学で狼に変身できる男と出会う。そして、オオカミに変身して人間に戻ることができるユキとアメの二人の子供が生まれる。成長するにつれ、人間として生きるべきか、オオカミとして生きるべきか、二人の葛藤は大きくなっていく。

公開:2012年
ジャンル:ファンタジー、ドラマ
監督:細田 守

10位:攻殻機動隊

攻殻機動隊は、四郎正宗原作の漫画を原作とした古典的なアニメのフランチャイズである。人気のアニメシリーズは、1995年に最初のアニメ映画『攻殻機動隊』から始まりました。

監督は日本を代表するアニメ監督の一人である押井守氏。科学技術が高度に発達した2030年頃が舞台。メインメンバーの草薙素子少佐をはじめとする公安9課が犯罪の防止に奔走する。

公開:1995年
ジャンル:SF、サイバーパンク
監督:押井守

9位:風の谷のナウシカ

宮崎駿といえばナウシカ。風の谷のナウシカは、宮崎駿監督の長編アニメ映画第2作目です。ナウシカ。風の谷のナウシカ』は1982年に漫画として刊行され、1984年には漫画2巻のストーリーでアニメ映画化されました。アニメはスタジオジブリの初期の作品として知られている。正確には、前身のアニメスタジオであるトップクラフトが制作したものである。

悲惨な戦争の後、産業文明が破壊され、巨大なミュータント昆虫が生息する巨大なトキシックジャングルが形成されます。主人公の風の谷の王女ナウシカは、人と自然が共存できる方法を模索する。

公開:1984年
ジャンル:ファンタジー、ドラマ
監督:宮崎駿

8位:天気の子

天気の子は、新海誠監督の最新アニメ映画で、2019年に最も視聴された作品の一つ。2020年までに約140の国と地域で劇場公開されます。アニメ映画には2人の青年キャラクターが登場します。

男子高校生の穂高は、離島から東京へ。賑やかな都会で親元を離れて生き抜く少女ヒナ。二人は出会い、結婚式やお祭りなど大切な日の天気を願う多くの人々を助けるために、天気を変える超能力を使ってやってきます。珍しい気象現象や子育て、貧困など、考えなければならないテーマがたくさん含まれています。

公開:2019年
ジャンル:ファンタジー、スライスオブライフ
監督:新海誠

7位:秒速5センチメートル

アニメ業界の新進気鋭の新海木琴ファンにとって、秒速5センチメートルは必見のアニメ映画である。2007年に公開された初期のベストアニメとして注目されています。アニメ作品は3つの短編パートに分かれています。「桜」「コスモノート」「秒速5センチメートル」の3部構成。

主人公の高木が小学生の頃のヒロイン・あかりとの初恋が最初に描かれ、その後の生活に焦点が当てられています。終盤では二人の成長が描かれ、感動アニメのクライマックスを迎えます。超自然的な力もアクションバトルシーンもなく、ただただ美しい現実が描かれています。

公開:2007年
ジャンル:ロマンス、ドラマ
監督:新海誠

6位:となりのトトロ

となりのトトロは、世界中の家族連れに人気のあるスタジオジブリ映画の一つです。宮崎駿監督:のファンタジーアニメは、同じくスタジオジブリの代表格である高畑勲監督:の『火垂るの墓』との二本立てで1988年に劇場公開されました。

となりのトトロの舞台は1950年代の埼玉県所沢。小学生のさつき、妹のめい、父の辰雄の3人家族が田舎の村に引っ越してきた。母親は村の近くにある病院に入院している。ある日、子供たちはトトロという不思議な生き物に出会う。スタジオジブリ作品を観たことがない人は、まずはこれから観ることをおすすめします。

公開:1988年
ジャンル:ファンタジー
監督:宮崎駿

5位:もののけ姫

1997年に公開された『もののけ姫』は、当時の国内興行収入1位を獲得。世界的にも日本映画のトップ作品の一つとして評価されています。宮崎駿監督:が約20年の歳月をかけてプロットを練り上げ、このアニメ映画に仕立て上げたと言われています。

室町時代を舞台に、部族の王子・アシタカと、森の中でオオカミに育てられた若い女性・サンを主人公にしたファンタジー作品。そこでは人間と自然の対立が描かれており、アシタカは両者が共存できる道を模索していく。

公開日:1997年
ジャンル:ファンタジー
監督:宮崎駿

4位:アキラ

世界的に有名な「アキラ」は、大友克洋原作の漫画が原作で、1988年にアニメ映画化された。当時はまだ漫画が完結していなかったため、アニメ映画は1988年までに刊行された3巻をベースに、クライマックスのストーリーが漫画とは全く異なるものになっています。

舞台は第三次世界大戦の勃発により東京が破壊された2019年のネオ東京。アキラの主人公は、金田正太郎という暴走族のリーダーと、彼の幼馴染である志摩哲夫の2人。物語は、バイク事故をきっかけに超能力を手に入れた哲夫を中心に展開する。

2020年の東京オリンピック開催を予言していたことから、2019年に再び話題となったアニメ作品。

公開:1988年
ジャンル:サイバーパンク、SF
監督:大友克洋

3位:君の名は

2016年に新海誠監督が監督した最高傑作アニメ君の名は。2016年から2018年にかけて120以上の国と地域で大スクリーンで放映され、日本のアニメ映画の中で海外興行収入1位を獲得した人気アニメ映画だ。

物語は2人の主人公を中心に進んでいきます。首都圏の東京に住む橘多喜と、田舎に住む宮水光葉。ある日、二人は自分たちの体が入れ替わっていることに気付き、それが断続的に繰り返されていく。その奇妙な状態に戸惑いながらも、タキとミツハはお互いのことをどんどん知っていく。

君の名は、東京と中部の高山という2つの実在の場所を中心に描かれています。新海誠監督:がリアルな世界観を見事に表現しており、映画の中で描かれているスポットを旅してみたくなるような作品となっている。

公開:2016年
ジャンル:ファンタジー
監督:新海誠

2位:時をかける少女

2006年、日本のアニメ界を牽引してきた細田守監督の代表作『時をかける少女』が公開された。日本のベストセラーSF作家・筒井康隆が1967年に書いた小説を原作としたファンタジーアニメだが、小説とは異なる物語が展開される。

アニメの舞台は小説の世界から20年後。時をかける少女』の主人公は、真琴、康介、千秋の3人の高校生。彼らは恋愛や勉強、進路選択など、このアニメでは一般的な思春期の趣味がある普通の高校生活を送っています。しかし、真琴は自分が過去に移動できるようになったことに気付く。

タイムトラベルは最近のアニメではよくあるプロットだが、このアニメが公開された当時は斬新でユニークだったこともあり、アニメファンからの評価が高かったこともあって、今回のアニメが公開されることになった。

公開:2006年
ジャンル:ファンタジー、ロマンス
監督:細田 守

1位:千と千尋の神隠し

史上最高のアニメ映画のベストは?2001年に公開された宮崎駿とスタジオジブリの傑作『千と千尋の神隠し』がそれに値する。第75回アカデミー賞長編アニメーション賞をはじめ、世界中で最高の評価を得ており、公開から約20年が経過している間に日本映画史上最高の興行収入を記録している。

10歳の少女・ちひろは、両親と一緒に不気味で奇妙な世界に迷い込んでしまい、両親は魔女の呪いで豚に変身してしまう。彼女は彼らを助けるために湯婆婆という魔女の支配下にある銭湯で頑張ることを決意し、本名を失い千に改名します。

千の他にも、キーパーソンのハク、双子の魔女・湯婆婆と銭婆、神秘生物・無表情など、個性豊かなキャラクターが勢ぞろいしています。千と千尋の神隠し』の魅力は、見方によって様々な視点から観られることです。

公開:2001年
ジャンル:ファンタジー、ドラマ
監督:宮崎駿

長い歴史の中で独自の発展を遂げてきた日本のアニメは、世界中のエンターテイメント業界で存在感を増しています。
今後も新たな素晴らしいアニメ映画が製作・公開されていきます。
アニメファンはもちろんのこと、アニメ初心者の方もぜひ上記のアニメ映画に挑戦してみてください。

Amazon.co.jpのマンガ売れ筋ランキング
コミックランキング

U-NEXT公式サイト
Hulu公式サイト
FODプレミアム公式サイト
★ お気に入り追加