Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

iPhone13の発売日、機能や最新情報まとめ!120Hzディスプレイ搭載?

 

ガガログ編集部の調べでは、iPhoneに2つの大きなアップグレードがありそうです。
iPhone13について分かっている最新情報のまとめをご紹介します。

iPhone13の発売日は?

iPhone13シリーズ9月に発表される予定です。iPhone12シリーズと大きな違いはないかもしれませんが、一部のモデルでは少なくとも1つの大幅な画面アップグレードを含むいくつかの変更が予想できます。

そして、注目しているのは、iPhone13のスクリーンです。

これまでに発表されたiPhone 13のスクリーンに関するすべての噂、Appleがついに120Hzのリフレッシュレートのスクリーンを搭載したスマホを作るかどうかという大きな重要な問題について説明します。

高速リフレッシュレートのiPhone 13

Appleの次期Proモデルはリフレッシュレートを上げる可能性があります。

iPhone13についてスクリーンの噂は、iPhone13(または少なくとも一部のモデル)が120Hzのリフレッシュレートを持つかもしれないです。
これは大きなアップグレードであり、iPhone13シリーズのあらゆる側面について聞いた中で最も重要なひとつです。

しかし、実現するのでしょうか?
現時点ではその可能性は非常に高いと思われます。多くの関係者が何度もそう言っています。
これまでのところ、リフレッシュレートが120Hzにならないことを明確に示唆する情報源は入っておりません。

Appleは携帯電話にLTPO(低温多結晶酸化物)ディスプレイを搭載すると考えられています。
LTPOディスプレイはリフレッシュレートを変更することができるため、120Hzではメリットがない場合には自動的に低いリフレッシュレートに切り替えることができ、その過程でバッテリー寿命を節約することができます。

120Hzのディスプレイを搭載するのはiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxだけというのが定説のようなので、この機能を求めるなら大きな出費が必要になるかもしれません。

Appleの特許ではリフレッシュレートが最大240Hzとされているので、iPhone 13シリーズが120Hzよりも高いリフレッシュレートを実現する可能性もありますが、ここまでジャンプするとしたら驚きです。

また、少なくともProモデルには120Hzのリフレッシュレートが搭載されると確信していますが、そうでなくても驚きはありません。
特に、この機能はもともとiPhone 12シリーズで噂されていましたが、実現しませんでした。

iPhone13のスクリーンはオフになる?

iPhone13シリーズに搭載されるかもしれないもう一つの便利な機能は、常時表示のディスプレイです。
これは、多くのAndroid携帯電話が長年にわたって提供してきたもので、画面を完全にオンにすることなく、時間、日付、通知の有無などの基本的な情報を確認することができます。

その代わり、これらの情報は常に表示されますが、バッテリー消費を最小限に抑えるために、画面のピクセルの大部分は点灯せず、白黒で表示されるようになっています。

しかし、この機能は以前から噂されていましたが、多くの情報源から頻繁に聞かれたものではないため、iPhone13シリーズに搭載されるかどうかは全くわかりませんでした。
しかし、この機能は望ましいものであり、実装するのにそれほど困難ではないと思われるので、可能性は十分にあります。

もしiPhone13シリーズに常時接続ディスプレイが搭載されるとしたら、おそらくすべてのiPhone 13モデルに搭載されるでしょうし、ソフトウェアアップデートによって一部の古いiPhoneにも搭載される可能性があります。

iPhone13のサイズや解像度の変化は期待できない

現在のiPhone13情報によると、iPhone13シリーズの画面サイズや解像度の変更はおそらくないと思います。

5.4インチの1080×2340のiPhone 13 mini、6.1インチの1170×2532のiPhone 13とiPhone 13 Pro、そして6.7インチの1284×2778のiPhone 13 Pro Maxが登場すると思われます。

しかし、解像度よりもサイズについての話ですので、解像度が変わる可能性は少しあります。

結局のところ、iPhone 13シリーズは、画面面での大きなアップグレードにはならないです。
噂されている改良点は、リフレッシュレートの向上と常時表示の実現の2つだけで、前者はおそらく上位2機種にしか搭載されないでしょうし、後者は実現する可能性がほとんどないと思われます。

つまり、可能な限り最高のiPhoneの画面を求めるのであれば、例年にも増してProまたはPro Maxを購入する価値があると考えられます。
しかし、リフレッシュレートにこだわらないのであれば、画面に関してはどのモデルもあまり見るべきものはないかもしれません。

Amazon家電&カメラの売れ筋ランキング

タイトルとURLをコピーしました