Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

アップルの新型MacBook Proでノッチの周りにフルスクリーンを使用可能!

 

アップルは、MacBook Proのディスプレイサイズを拡大しましたが、カメラのための「ノッチ」は残しました。

アップルは、月曜日に全く新しいMacBook Proを発表しました。
新しいMacBook Proは、1080pのウェブカメラを内蔵した特徴的なノッチを備えています。
開発者は、ディスプレイ上部のノッチを囲む領域を使って、アプリケーションをフルスクリーン表示することができます。

Appleは、Macアプリケーションの開発者に対して、新しいミニLED MacBook Proのノッチの両側にある余分なディスプレイスペースを利用できることと、カメラハウジングによってコンテンツが隠されるのを防ぐための新しいツールがあることを確認しました。

Appleは、新しい開発者向けドキュメントで次のように述べています。

画面ベゼルにカメラハウジングを搭載したMacでは、システムが互換モードを提供し、アプリケーションが意図せずにハウジングが占める領域にコンテンツを配置することを防ぎます。

このモードが有効な場合、システムはディスプレイのアクティブエリアをカメラハウジングを避けるように変更します。この新しいアクティブエリアにより、アプリのコンテンツがカメラ筐体に遮られることなく常に表示されるようになります。

システムは、この互換モードを必要とするアプリケーションが現在のデスクトップ空間で動作している間のみ、この互換モードを有効にします。

Appleの新しいMacBookには、M1 ProおよびM1 Maxチップによる新しいAppleのシリコンが搭載されているだけでなく、M1 iPad Pro(2021年)と同じミニLEDテクノロジーを採用した新しいLiquid Retina XDRディスプレイが搭載されています。

また、新たに大型化したディスプレイと薄いベゼルを搭載し、1080pの新しいFaceTimeカメラを格納するためのノッチを残しています。

ディスプレイの縁がさらに薄くなり、カメラを囲むように広がっているため、ユーザーがコンテンツを置くスペースがさらに広がりました。ユーザーが映画を見ていても、8Kビデオを鑑賞していても、この新しいディスプレイは、映画のような美しい視聴体験を提供します。

Appleは、新しいMacBook Proの余った画面領域を、iPhone 13やその他の最近のベストiPhoneのように、メニューバーやバッテリーインジケータなどのステータスアイコンのための最適な場所として売り込みました。

この新しい開発者向けツールは、開発者がMacBook Proのディスプレイ全体を使用できること、そしてノッチによってコンテンツが見えなくなる危険性がないことを確認するものです。

タイトルとURLをコピーしました