Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

アップルがM2プロセッサ搭載の新型MacBook Airを発表マルチカラー展開

macbookair

AppleはWWDCにおいて、MacBook Airのデザインを大幅に変更し、現行のMacBook Proシリーズとより調和するようにアップグレードしたことを明らかにしました。

Apple SiliconのアップデートであるM2を採用した最初のMacの一つとして公開されたMacBook Airは、従来の薄いウェッジデザインを廃止し、よりフラットな外観に変更されています。それでも、薄さ11.3mm。Appleによれば、これは前モデルと比較して20パーセントの体積削減を実現したとのことです。

この新しい13.6インチのMacBook Airは、2021年のiPad Proや2021年のMacBook Proモデルなどの古いデバイスに見られる、Liquid Retinaディスプレイを搭載しています。

カラーバリエーションについては噂が一部当たっていましたが、Appleが提供しているのは4つの選択肢のみです。
シルバー、スペースグレイ、スターライト、ミッドナイトの4色です。

ポート類も一新され、2つのThunderboltポートに加え、ハイインピーダンスヘッドフォンに対応した3.5mmヘッドフォンジャックと、MagSafeの復活が実現されています。
新型MacBook Airは、30分で最大50%まで充電できるFast Chargeに対応しており、お客様はこれに合わせて67WのUSB-C電源アダプタを購入することができます。

インピーダンスとは、電流に対する抵抗の測定値です。高インピーダンスのヘッドフォンは250〜600オームとなり、これが電気インピーダンスを表す用語です。

Appleのお客様に知っておいていただきたいのは、ハイインピーダンスが高音質を意味するということです。
さらに、MacBook Airは4つのスピーカーによるサウンドシステムを搭載しています。アップルによれば、3つのマイクを備えたオーディオアレイに加え、先進的なビームフォーミングアルゴリズムを搭載しています。

Appleが初めてビームフォーミング という言葉を使ったのは、HomePodの初代モデルを発表したときです。
ビームフォーミングは、背景にあるどの物体が音を吸収したり反射したりするかを把握するなど、ユーザーの環境に応じて音声を変化させることを目的としています。

新型チップM2
Appleの最新のカスタムシリコンは、M2チップです。M1チップのアップデート版で、8コアのCPUと、最大10コアを搭載できる次世代GPUを搭載しています。これは、M1より2コア多いです。

M2は最大24GBの高速ユニファイドメモリをサポートし、Appleは新しいメディアエンジンとハードウェアアクセラレーションによるエンコードとデコードのための新しいProResエンジンによるビデオ編集などのワークフローを特に挙げています。

Liquid Retina Displayは13.6インチパネルになり、10億色に対応し、最大500nitの輝度が可能になっています。上部にはノッチ付きの1080p FaceTime HDカメラがあり、低照度時の性能は従来のAirの2倍になりました。

iOS 16とmacOS VentureはContinuity Cameraを提供し、iPhoneをMac用のウェブカメラとして機能させることができます。

この新モデルは2022年7月に発売される予定です。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました