Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

MacBook Air M2を買ったのでレビュー!SurfaceLaptop4も比較

MacbookAir

MacBook Air M2は、学生にとってパワーと携帯性を完璧に融合させた製品ですが、その分価格も高くなっています。

AppleはついにMacBook Airを印象的にオーバーホールしました。そうすることで、ほとんどすべての人のためのApple Siliconマシンを作り上げたのです。

MacBook Air M2の特徴とレビュー

MacBook Air M2の特徴は、優れたパフォーマンス、優れたバッテリー駆動時間、スリムなデザインです。
デメリットは、前モデルより高い、急速充電器が標準装備でない、ストレージの増設は必須です。

デザインの形がM1から角ばったデザインに変わってます。液晶のノッチ部分も違い、枠が若干狭くなり、充電速度も上がり、スピーカーの音もパソコンを閉じている場合、特に良くなっています。
M2により性能が上がっているので、4K60FPSなどの動画編集での書き出しにもおすすめです。

MacBook Air M2の主な仕様

価格:16万円〜
画面サイズ: 13.6インチ
重量:1.225kg
メモリ:標準8GB、16GBと24GBのオプション
バッテリー駆動時間:最大18時間
ストレージ:256GB、512GB、1TB、2TBバージョン
保証期間:1年、AppleCareで延長可能。
オペレーティングシステム:macOS Ventura
ディスプレイ 13.6インチLiquid Retinaディスプレイ、解像度2650×1664
CPU Apple M2チップ(8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engine)
グラフィックス M2には8コアGPUを含む(10コアGPUに設定可能)
ポート類 2x Thunderbolt USB-Cポート、MagSafe、3.5mmヘッドフォンジャック

Appleは新しいMacBook Air M2でパワーアップしましたが買い換える価値があるでしょうか?

2022年以前、アップルのノートパソコンを最も安く手に入れる方法は、MacBook Air M1でした。決して悪いマシンではありませんでしたが、多くの人がMacBook Proの14インチと16インチのリデザインを羨ましく思っていたのは確かです。高価な価格にもかかわらず。

そのラップトップはコーディングのためのラップトップかもしれませんが、ほとんどの学生にとっては過剰な性能です。ありがたいことに、AppleはMacBook Air M2によってMacBook Airのデザインを改訂しました。MacBook Air M2は、MacBook Proほどパワフルではありませんが、MacBook Airの多くの長所をそのままに、かなり安い価格で提供します。

MacBook Air M2にはHDMIポートがなく、ディスプレイもProほど大きくは変わりません。そのかわり、Intel Macの性能を凌駕する優れたパフォーマンスを、薄くて軽いデザインで、4色のカラーバリエーションで提供します。

それでも決して安くはありませんし、メインマシンにするならもっとストレージを追加するのが理想的ですが、Macラップトップの利用者の9割にとっては、MacBook Air M2は完璧な存在になるはずです。

MacBook Air M2 セットアップが簡単

箱を開けて、とても小さなノートパソコンを滑り出させたら、セットアップ作業は蓋を開けて起動のチャイムを待つだけと簡単です。

そこからMacBook AirはWiFi情報を求め、アクセシビリティの設定をしてからApple IDにログインして設定とアプリケーションを収集します。すべてのプロセスは数分程度で完了し、新しいデスクトップがやってきます。

MacBook Air M2 デザイン、スペック、機能

洗練されたデザイン
4色のカラーバリエーション
イルミネーションロゴが恋しい

MacBook Air M2は、角が丸く、薄型で、上部のロゴは(残念ながら)点灯しませんが、一目でMacBookとわかるデザインです。

また、カラーバリエーションも4種類用意されています。スペースグレイ、シルバー、スターダスト、そしてミッドナイトです。私たちのレビュー機はミッドナイトバージョンですが、写真でお分かりの通り、指紋が半端なく付きます。しかし、他のカラーバリエーションでは、もう少し目立たなくなることを期待したいところです。

左側には充電用のUSB-CポートとMagSafeコネクタのペアがあり、右側には3.5mmのヘッドフォンジャックがあるだけです。特にそれらのポートからも充電できるので、右側にもUSB-Cポートが欲しかったのは確かですが、重要なのは、USB-Cを全面的に採用しない限りは、ドングルの1つや2つは必要だということです。

蓋を開けると、右上のボタンにTouchIDが組み込まれた、スリムながらフルサイズのキーボードが現れます。キーにはシザースイッチが採用されており、従来のバタフライスイッチの経験がある人なら、このMacBook Airは即座にアップグレードできるはずです。キーボードの下にあるトラックパッドも、業界をリードするものであることに変わりはありません。

新しいLiquid Retinaディスプレイは本当に素晴らしいのですが、14インチと16インチのMacBook Proがより深い黒とより高いコントラスト比を提供するため、私たちはそれに甘えてしまっています。それでも、色の正確さには目を見張るものがあり、素晴らしいディスプレイです。ノッチも復活し、1080pのウェブカメラが搭載されています(ついに)。

Macbook Air M2の機能とパフォーマンス

M2チップで大幅パワーアップ
素晴らしいバッテリー駆動時間
ほぼ無音の動作音

数年前にM1が登場して以来、Apple Siliconのラインアップがもたらすパフォーマンスのメリットについて饒舌に語ってきましたが、前世代のIntelマシンに比べて大きなステップアップであることは、本当に繰り返し述べてきたとおりです。

M2は、M1のような世代を超えた飛躍ではなく、反復的なペースではありますが、その傾向を引き継いでいます。Appleは、MacBook Air M1の1.4倍のパフォーマンスを提供すると言っています。正確な数値は言えませんが、M2にあらゆるものを投げつけても、ストレスを感じるようなものはありませんでした。

オーディオの編集、画像、ウェブブラウジング、ゲームなど、M2チップはあらゆることを簡単にこなします。標準的な作業には4つの効率的なコアがあり、負荷がかかる作業には別の4つのコアが活躍します。また、GPUも同じSoC(システム・オン・チップ)上に組み込まれているので、ユニファイド・メモリを必要なところに直接分配することができます。

また、コンポーネントがまとまっていることで、システムのパーツ間で常にコピーが行われることがないため、素晴らしいバッテリー駆動時間(最大18時間)を実現しています。また、M2はファンレスなので、複数の作業をこなしているときでも静かに動作するのも魅力です。

ベースストレージが少ないこと以外では、Appleが67Wの急速充電器を同梱していないことが唯一の不満点です。MagSafeケーブルはラップトップの色にマッチしていますが(Proモデルでさえ手に入らないもの)、30Wが上限で、高速充電器を購入すると3千円の追加費用がかかります。

Macbook Air M2の販売価格

価格は実売15万円後半から
MacBook Air M2は16万5千円程でポイント8千円程還元で実売15万円後半からで、8コアGPU、8コアCPU、8GB Unified Memory、256GB SSDストレージが搭載されます。

これはMacBook Pro 14インチよりもかなり安いですが、256GBのストレージは中長期的には十分とは言えないので、私たちはこのベースのバリエーションはまだお勧めしません。

Appleは2つのGPUコアと512GBストレージを追加して提供していますが、可能であれば2倍のRAMと2倍のストレージの注文に構築することをおすすめします(その時点で、MacBook Pro価格帯に移行しているのですが)。

MacBook Airは購入後にアップグレードすることができないので、どんな選択をするにしても、絶対に間違いがないようにしましょう。

Macbook Air M2のレビュー

MacBook Air M2のAmazonでの顧客評価は5点満点中平均4.7点で、主な欠点はストレージの不足を指摘されています。

多くの人が、このようなポータブルノートPCのディスプレイの大きさ、M2チップのスピード、そして優れたバッテリ寿命を賞賛しています。

Macbook Air M2を買うべきでしょうか?

MacBook Air M1をお持ちの方は、ここでのパフォーマンスのジャンプだけでは、M2版を”マストバイ”とするには不十分です。しかし、Intel Macから乗り換えるなら、Appleがこれまで作った最高のMacBook Airであり、Apple Siliconのおかげで変化した点は、大きく変わります。

Macのエコシステムに初めて触れる学生で、お金に余裕のある方にも、とても簡単におすすめできます。スリムな外見、携帯性、パワフルなチップセットにより、学生向けのMacBookとして最高の一台になります。

この製品が向いていない場合
さらなるパワーを求めるなら、MacBook Pro 14インチ(またはMacBook Pro 16インチ)が最適な選択肢ですが、価格はかなり高くなります。しかし、より大きく明るいディスプレイ、HDMIを含む追加ポート、SDカードスロットが搭載されています。

一方、Macは欲しいけどノートパソコンにはこだわらないという人には、マウス、キーボード、モニターさえあれば、Mac Mini M1がおすすめです。

しかし、もしWindowsのノートパソコンが欲しいと思うなら、Microsoft Surface Laptop 4は、美しい代替品であり、性能も十分です。

Microsoft Surface Laptop 4と比較

Microsoft Surface Laptop 4も最近購入したので比較してみると、まずは音が僅かですがします。パソコン本体の熱も持ちます。Airの場合は無音で本体が熱を持ちません。良い点は、価格が11万円ほどです。タッチパネルにも液晶が対応してます。ブラウザの文字は、MacBookAirのフォントが綺麗で、色合いも好きです。画像編集などクリエイター向けのソフトもMacBookの方がいいソフトがあります。

Windowsのパソコンの中ではおすすめしますが、MacBookと比較するとパワーも落ちますので、動画編集などをするクリエイター、パソコンをよく使う上級者の方は、MacBookをおすすめします。

あわせて読みたい