Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

片手で到達できるiPhoneショートカット「アクセシビリティ」設定方法

アクセシビリティ

Appleが最初にiPhone 6および6 Plusをより大きな画面でデビューさせたとき、相手はまた、片手でデバイスを使用しているときに画面の上部に到達しやすくする機能を導入しました。ただし、この機能が存在することを知らない人がいることや、その機能に遭遇したときにある種のバグであると考えるのは驚くべきことです。これを使用する方法と、気に入らない場合はオフにする方法を次に示します。

ほとんどの人は、画面が大きいスマホを好むようです。これは、これらの大きいスマホが時々タブレットの売り上げを押し上げる程度までです。それでも、これらの大きな電話にはマイナス面がないわけではありません。その1つは、片手での操作が少し難しいことです。到達可能性機能を入力します。

到達可能性の使用方法
到達可能性を使用するのは簡単ではありません。
アプリ、設定画面、ホーム画面など、どの画面を見ていても使用できます。

自分がしなければならないすべては自分のホームボタンをダブルタップすることです。ボタンを実際に押すのではなく、軽く2回タッチするだけで十分です。画面は半分ほど下にスライドし、上部にあるものは何でも親指の手の届く範囲に入れます。画面がこの位置にあるときに、通知センターまたは今日のビューを下に移動することもできます。

アクションを選択すると(アイコンをタップする、メニューを選択するなど)、画面は元の位置に戻ります。ホームボタンをもう一度ダブルタップして、画面を元の位置に戻すこともできます。

アクセシビリティを無効にする方法
アクセシビリティを使用せず、それが邪魔になる場合は、無効にするのは簡単です。設定アプリを起動し、[全般]をタップします。

[全般設定]ページで、[ユーザー補助]をタップします。

また、[アクセシビリティオプション]ページで少し下にスクロールして、[到達可能性]トグルをオフにします。

慣れれば(そして画面がそのように下にスライドする理由がわかったら)便利な機能ですが、大きな手がある場合や気に入らない場合は、アクセシビリティを無効にするのは簡単です。

あわせて読みたい
    error:
    タイトルとURLをコピーしました