Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

老化予防に日焼け止めを肌に塗るときに見落としがちな6つの場所

美容
 

日焼け止めを塗るときに見落としがちな6つの場所
どんなに日焼け止めを塗っていても、見落としがちな場所があります。

日焼け止めを十分に塗れていない場所

日焼け止めを顔に塗るのは慣れているけど、まぶたはサボっていませんか?
外出前には、顔や腕、足にSPFを塗る習慣があるかもしれません。しかし、それだけではありません。

成人の場合、全身の肌をカバーするには大さじ2の日焼け止めが必要とされています。しかし、ほとんどの人は、その25〜50%しか塗っていないといいます。

日焼け止めは、天候に関係なく、毎日使用し、2時間ごとに塗り直す必要があります。また、泳いだり汗をかいたりした場合は、その後もう一度塗り直してください。

特定のスポット、頭皮、唇、耳、首、胸に日焼け止めを適用することは不快ですが、SPFを保証するために十分な太陽を得るようではないので、見過ごされる傾向があります。しかし、これらの部位の多くは、皮膚がんが発生する上位の部位です。

実際、5回以上の日焼けをすると、死に至る可能性のある皮膚がんのひとつであるメラノーマのリスクが2倍になると、発表しています。しかし、SPF15以上の日焼け止めを毎日使用することで、そのリスクを50%軽減することができるそうです。

日焼け止めを塗るべき理由は他にもあります。それは、紫外線が肌に与える長期的な影響です。肌の老化の90%は太陽のせいだと言われていますが、SPF15以上の日焼け止めを毎日使用していると答えた人は、日焼け止めを継続的に使用していない人に比べて、肌の老化が24%減少したことがわかりました。

次に塗るときは、これらの見落とされがちな部分に注意してください。

1.耳

耳は、そのひだのために、SPFを塗るのが最も簡単な場所ではありません。でも、太陽の光をたくさん浴びる場所なので、飛ばしてはいけません(ロングヘアの人も同様です)。耳は皮膚がんの発生率が3番目に高い場所です。
耳の後ろ、耳の後ろのしわを含む、皮膚がんが形成される一般的なスポットでもあります。

リスクを最小限に抑えるために、SPF30以上の広域クリーム状の日焼け止めを塗り、耳の前後すべての部分をカバーしていることを確認します。また、つばのある帽子をかぶったり、日陰を探したりするのも良いアイデアだそうです。

10,800円の高級美容サプリが980円!?【マスターホワイト】

2.頭皮

髪の毛が頭皮を守っていると思っている人は、考え直してください。「頭皮は体の中で最も高い場所にあるため、他の部分よりも焼けやすいのです」と言います。「皮膚がんを予防するために、頭皮と生え際には必ずSPFを塗るべきです」。頭皮の皮膚がんはそれほど多くはなく、皮膚のメラノーマ全体の2〜5%を占めるという調査結果もありますが、それでもSPFを塗るべきです。帽子をかぶるのも効果的です。

帽子をかぶるのも効果的です。また、想像しているよりも面倒なことはありません。「頭皮を守るために開発された日焼け止めには、残留物や油っぽさを感じさせないものがたくさんあります」とG言います。日焼け止めパウダーや、頭皮専用のミストを試してみてはいかがでしょうか。

3.瞼(まぶた)

目の周りの皮膚は薄いので、皮膚がんになりやすく、シワやシミなどの老化のサインも出やすいです。まぶたの皮膚がんは、皮膚がん全体の10%を占めると言われています。

「まぶたは敏感なので、SPFを塗るのを控える人が多いのです」と言います。二酸化チタンや酸化亜鉛を配合したミネラル系の日焼け止めなら、敏感肌用に開発されたものもあります。あるいは、SPFを含むアイクリームを使うことも勧めています。

最後に、サングラスをお忘れなく。「UVカット効果のあるサングラスを手に入れることは、大きな投資であり、皮膚がんや老化の兆候からまぶたを守るのに役立ちます。



タイトルとURLをコピーしました