Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

皮膚科医に聞いた髪が痛む6つの理由とは?

 

生まれたときから女性と決められている人が、心配そうな表情で髪の毛を指でなぞりながら、「なんで私の髪の毛は痛いんだろう?

髪を動かすと痛む場合、毛嚢炎や湿疹などの皮膚疾患が原因かもしれません。

髪の毛を動かしたときに「なんで髪の毛が痛いんだろう」と思ったことがある人は、その不思議な感覚が頭の中だけのものではないことを知っておいてください。たてがみの痛みは奇妙に聞こえますが、信じてください、それは実際にあることなのです。そして、それは決して珍しいことではないのです。

髪が痛むのは、頭皮に問題があるからです。つまり、髪の毛自体が痛んでいるのではなく、血管や神経末端、油腺などが豊富にある髪の毛の周りの皮膚が痛みを生み出しているのです。

神経から放出される信号を脳が解釈することで痛みを感じます。頭皮が痛む理由は様々で、神経学的な問題や皮膚の炎症などがあります。

ここでは、頭皮の痛みの最も一般的な原因を説明し、問題の根本的な解決を図ります。さらに、痛みを防ぎ、敏感な頭皮を和らげる方法もご紹介します。

1. フケ

フケが出てくると、頭皮の痛みが増すことがあります。

その理由は以下の通りです。フケは、頭皮の酵母が増殖することで発生します。この酵母の過剰な増殖が炎症を引き起こし、赤み、鱗屑、かゆみ、さらにひどい場合には痛みにつながると言います。

対処法:パラチオン亜鉛を配合したフケ取りシャンプーを使用してください。

ただし、シャンプーのトリートメントは、効果を発揮するために頭皮との十分な接触時間が必要であることを覚えておいてください。指先で頭皮に擦り込み、アルファベットを歌いながら放置してから洗い流すようにしましょう。

また、自分の髪のタイプに合わせてシャンプーをするといいです。オイリーな頭皮の人は、毎日シャンプーをすることでフケを防ぐことができます。逆に、髪の毛が乾燥していて頭皮が敏感な人は、シャンプーの頻度を減らしたほうがいいでしょう。

その他のフケ対策
フケを予防したり治療したりするための他の方法は以下の通りです。

ストレス対策をする。ストレスはフケを誘発(または悪化)させる可能性があります。
栄養価の高い食事をする。亜鉛、ビタミンB群、ある種の脂肪はフケの予防に役立ちます。
屋外で時間を過ごす。日光がフケの抑制に役立つ可能性があります。ただし、日焼け止めを塗るようにしてください。

2. 脂分の蓄積

頭皮には油腺が多く存在し、定期的に髪を洗わないと油分が蓄積されます。

頭皮に油分がたまると、髪が脂っぽくなるだけでなく、かゆみを伴うこともあります。掻いてしまうと、不快感が増し、髪を動かすと頭皮が痛くなることもあります。

対処法:洗髪の回数を増やすことで、脂分の蓄積(と頭皮の痛み)を防ぎ、解消することができます。

ただし、自分の髪質にも注意してください。過剰な洗髪は、敏感な頭皮を乾燥させ、フケを増やす原因になります。

さらに、スタイリング剤(特にドライシャンプー)の使用を制限すると、髪や頭皮に蓄積されて脂っぽくなる可能性があります。

3. 毛嚢炎

髪の毛を動かすと痛む理由として、もうひとつ考えられることがあります。毛嚢炎(もうのうえん)です。

「毛嚢炎とは、バクテリアが毛根に侵入し、膿のような吹き出物ができる状態です」と言います。この皮膚関連の病気は、ウイルスや真菌、さらには刺激を受けた巻き毛が原因となることもあるそうです。

場合によっては、毛嚢炎が拡大して炎症を起こし、かゆみや火傷、痛みを伴う皮膚の圧迫を引き起こすこともあると言います。

対処法は?
毛嚢炎を発症している場合は、皮膚科医に相談して抗生物質を処方してもらいましょう。

4. 湿疹

湿疹は一般的に、手、首、肘、足首、膝、足、目の周りにできますが、この容赦ない発疹は頭皮にも芽生え、痛みを生じさせることがあります。

「湿疹は、皮膚のバリア機能が十分に働かず、皮膚の外側の層に亀裂が生じている状態です」と言います。湿疹は、皮膚のバリア機能が正常に働かず、表皮に亀裂が生じている状態です。これにより、水分が失われ、炎症が起こり、かゆみや不快感、痛みが生じます。

対策:「湿疹の治療には波があります」と言います。「まず、皮膚に潤いを与え、皮膚のバリアを修復します。そのためには、頭皮に潤いを与えるオイルが有効であると言います。

お風呂やシャワーの時間を短くして(10〜15分程度)、熱いお湯ではなく温かいお湯にすることで、肌や頭皮の乾燥を防ぐことができます。また、頭皮の自然な油分を取り除かない優しいシャンプーを使うことも、潤いを保つのに役立ちます。

あとは、炎症を抑えることが大切です。市販の抗炎症剤を使った頭皮ケアから始めるといいです。それでも効果がない場合は、皮膚科医に相談して処方してもらいましょう。

湿疹の引き金になるものを避ける

以下のような湿疹の誘因を特定して避けることでも、症状の悪化を防ぐことができます。


ストレス
石鹸や洗浄剤
埃や花粉
卵、牛乳、大豆、小麦などの特定の食品

5. きついヘアスタイルをする

高い位置でポニーテールをした結果、髪が痛んでしまうことがあります。

髪の毛を強く引っ張ると、毛根に圧力がかかり、炎症が起こります。

これは痛みの原因になるだけでなく、毛根に永久的なダメージを与え、前頭部の生え際が薄くなる牽引性脱毛症という特殊な脱毛症を引き起こす可能性があると言います。

対策:可能であれば、ポニーや三つ編みを緩めてください。すでに受けたダメージを元に戻すことはできませんが、髪の健康を維持するためには、ゆるいヘアスタイルをお勧めします。

6. アロディニア

頭皮の痛みはアロディニアと呼ばれる神経痛の一種で、触ることに非常に敏感になることが原因かもしれません。

アロディニアになると、髪をとかす、ゆるいポニーテールにする、髪を洗うなど、普通なら痛みを感じないことが、耐え難いほど不快になります。

この不快な神経障害性疼痛は、糖尿病、帯状疱疹、線維筋痛症、片頭痛など、他の基礎的な健康状態の副作用であることが多いです。

原因となっている疾患を診断・治療し、適切な疼痛管理プランを提供してくれる医師に相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました