Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

若い美肌のためのスキンケアのコツと実践法!

 

ニキビができた場合は、もう悩まないでください。

若者にニキビができるのはよくあることです。調査によると、10代の若者の85%がニキビになっていると言われています。ニキビができると、若い人たちは真剣に衛生管理をしなければならないということです。そのためには、起床時と就寝前に行うスキンケアの習慣を身につけることが大切です。

ニキビを作らない、洗っていない手で頻繁に顔を触らない、タオルや洗顔料で顔をゴシゴシ洗わないなどの一般的な知識はさておき、肌をケアするにはこれらの習慣以上のものが必要です。そこで、10代でスキンケアを始める際の一般的なガイドラインをご紹介します。

自分の肌タイプを知る

自分の肌タイプを知ることで、自分の肌に合う化粧品、合わない化粧品がわかります。自分の肌タイプを知ることで、いつまでも健康な肌を保つための対策を始めることができます。肌タイプには、ノーマル、ドライ、オイリー、コンビネーション、センシティブの5種類があります。幸いなことに、自分の肌タイプを知ることはそれほど難しいことではなく、観察とテストの問題です。

オイリー肌の方は、Tゾーンを中心にテカテカと油っぽく見えるので、一番わかりやすいでしょう。また、このタイプの肌は、ニキビができやすいです。一方、ドライスキンタイプの方は、肌が荒れてくすんで見えます。このタイプの肌は、刺激やかゆみが蔓延しているため、投資する必要があります。

コンビネーションスキンタイプの人は、乾燥肌とオイリー肌の両方を顔のさまざまな部分に持ち、両方の肌タイプの問題を抱えている可能性があります。典型的な肌タイプは、乾燥肌とオイリー肌の中間ですが、通常、吹き出物ができにくく、肌が滑らかに見えます。

敏感肌の方は、赤みがかって見え、ほてりやかゆみを感じることが多いです。敏感肌の方は、皮膚科医に相談した方が良い症状かもしれません。敏感肌の方は、食べ物や匂い、環境などの外的要因で肌が荒れてしまうことがあるので、その原因を探ることが大切です。

スキンケア製品を使う順番

スキンケアの順番は、誰もが同じというわけではありませんが、ここでは一般的な方法をご紹介します。

最初に洗顔料を使用します。顔の汚れや汗を洗い流して、次のステップに備えるのが良いでしょう。ただし、メイクをしている場合は、必要な製品でメイクを落としてからにしましょう。また、顔の産毛がある場合は、洗顔前に剃ることをお勧めします。

もし、化粧水を使っているなら、その次にしましょう。オイリー肌かドライ肌かによって化粧水の使い方が異なるので、すべての人が化粧水を使うわけではありませんが。その次は、ニキビや肌荒れを治すための化粧品を使うかどうかです。例えば、過酸化ベンゾイルは、洗顔後に使用します。

最後の2つ目は、モイスチャライザーです。肌の潤いを保つのがモイスチャライザーの役目です。ほとんどの肌タイプの方は、モイスチャライザーを日常的に使用することをお勧めします。

スキンケアで最も重要なルールは、日焼け止めを最後に使うことです。日焼け止めは肌の上に厚い膜を作りますが、最後に塗らないと、太陽の有害な光から肌を守る効果がありません。

枕カバーをこまめに交換する

これは、スキンケアをする上で、一般的に軽視されがちなことです。枕カバーやベッドシーツが汚れていては、どんなに良いスキンケアをしても意味がありません。せっかくの高価なスキンケア製品も、寝ている間に汚れた枕カバーで顔をこすってしまったために、肌をいたわるために費やした時間も無駄になってしまうのは嫌です。

枕カバーは最低でも週に1回は交換することをお勧めします。しかし、何らかの理由でそれができない場合は、枕カバーの上にきれいなシャツを重ねて、寝るときに顔がきれいになるようにしましょう。

水分補給をこまめに

水は肌の弾力性を保つのに役立ちます。水をよく飲んでいれば、シワや傷などの老化の兆候が現れにくくなります。また、こまめに水を飲むことで、肌のpHバランスが保たれます。このバランスを保つことで、健康的な肌を手に入れることができるのです。

スキンケアの習慣を身につけ、それを継続するには努力が必要です。怠らず、自分の肌に合った製品を見つけなければなりません。しかし、スキンケアを続けてもニキビが改善しない場合や、ニキビがひどくなった場合は、皮膚科医に相談して治療を受けることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました