歯からタバコのニコチンの汚れを削除するホワイトニング方法!喫煙者は病気になりやすい?

タバコ美容

いくつかの要因が原因で歯が変色します。ニコチンは歯が時間をかけて色が変わる理由の一つです。

ホワイトニングすることは、歯を明るく、再び白くする効果があります。
タバコはヤニ汚れなど歯を汚すことで有名です。

ニコチンは歯を汚す可能性が高くなりますか?

はい。タバコを吸ったり、タバコ製品を噛んだりすると、歯のエナメル質が汚れやすくなります。

一度タバコのニコチン製品を使い始めると、歯が黄ばんでくるのに時間はかかりません。

これらの製品を慢性的に使用した後、それは、歯が黒くなったり、茶色に見えるようになることは珍しいことではありません。

ニコチンは見た目以外にも歯にダメージを与えますか?

汚れた歯の外観だけがタバコのニコチン製品を使用してできる問題ではありません。

歯茎もまた、ニコチンに繰り返しさらされることでダメージを受けます。

歯周病になりやすく、口臭や他の病気の原因にもなります。

タバコを吸うと、免疫力が低下する

疾病管理予防センターによると、歯茎の感染症を撃退するのが難しくなっています。

新型コロナウイルス感染症重症化リスクも非常に高いことが分かっています。

非喫煙者と比較して、喫煙者は歯周病のリスクや肺がんリスクが 2 倍以上あります。

さらに、歯茎の損傷に対処している間に喫煙を続けると、歯茎が治癒するのが難しくなります。

歯のホワイトニングをする

歯の汚れに取り組むことになると、選択した方法は、いくつかの要因に依存します。

専門家によると、ホワイトニング製品を試す前に歯科医に予約を取ることが不可欠です。

喫煙は、口の中のすべての歯を深く汚すので、歯磨き粉やホワイトニングなどの市販品を使用して非常に長い間、歯を白く保つことはできません。

そのため、喫煙者は一般的に歯科医の専門的なホワイトニングサービスを利用します。

喫煙者は一般的に歯科医の専門的なサービスに頼るのが一般的ですが、ホワイトニングは、歯のニコチン汚れを根絶するのに役立つといいます。

ホワイトニングの治療では、過酸化物溶液を歯に塗り、非常に強い光を照射します。

一般的に、ホワイトニングの治療は3年まで持続することができますが、喫煙者では、一般的に約1年しか持続しないと言います。

さらに、半年に一度の定期的な歯のクリーニングは、汚れ、歯垢、歯石を除去するのに役立ちます。

定期的なクリーニングは、ステインの予防にも役立ちます。

市販の歯のホワイトニング製品

ドラッグストアや薬局、通販サイトで市販の歯のホワイトニング製品を見つけることができます。

過剰に使用したり、一度に長時間使用したりすると、歯の知覚過敏や歯茎の炎症を引き起こす可能性があるため、指示に従ってください。

歯科専門家からの検査は素晴らしいサービスです。タバコの場合、すでに歯の神経が死んでしまったために変色している歯もありますし、未処理のままでは健康被害が出る可能性があります。

タバコを吸った後に歯を丁寧に磨く

タバコの喫煙を続けるのであれば、積極的に歯を白く保つ必要があります。

タバコを吸った直後に歯磨きを念入りにして、エナメル質に埋め込まれて汚れの原因となるタールや化学物質を素早く除去する必要があります。

マウスウォッシュと歯磨きをする

歯に光沢のある見た目にするもう一つの方法は、マウスウォッシュを口に入れてから、閉じた唇を超えてブラシを押して、歯を磨き始めることです。

基本的には、マウスウォッシュで歯を磨いています。 過酸化水素ですすぎます。

過酸化水素の少量(1オンス未満)を水で希釈し、口をすすぎ、数秒後に吐き出し、水で徹底的にすすぎます。

この溶液は、黄色の汚れを軽くする簡単な方法です。

喫煙者や他のニコチン製品を使用している場合は、特に歯の汚れを最小限に抑えるか、または削除したい場合は、口腔衛生について勉強する必要があります。

一般的に、喫煙者は、非喫煙者の約 2 倍の頻度でホワイトニングする必要があります。

プロのホワイトニング治療法を使用することで、時間をかけて、歯の外観を白く明るくすることができます。

★ お気に入り追加