水を飲む7つの健康効果とは?ウォーターサーバーの研究で分かった健康上のメリット!

水の効果美容

人間の体はおよそ60%の水で構成されています。一般的には、1日に237mLの水を8杯飲むことが推奨されています。

この具体的なルールの背後には科学的な根拠はほとんどありませんが、水分を補給し続けることは重要です。
毎日の水分補給にウォーターサーバーがおすすめです。

水を飲む7つの健康効果とは?

水をたくさん飲むことで得られる7つの研究に基づいた健康上のメリットをご紹介します。

1. 身体能力の最大化を助けます。

水分補給を怠ると、身体能力が低下します。
激しい運動や高熱の時には特に重要です。 脱水は、体の水分量の2%でも失うと顕著な影響を及ぼします。

しかし、アスリートの場合、汗を介して体重の6~10%もの水分を失うことは珍しくありません。

これは、体温調節の変化、モチベーションの低下、疲労感の増大につながります。

また、身体的にも精神的にも運動がより困難に感じられるようになります。

最適な水分補給はこのような事態を防ぐことが示されており、高強度の運動中に発生する酸化ストレスを軽減する可能性もあります。

筋肉は約80%が水分であることを考えると、これは驚くべきことではありません。

激しい運動をして汗をかく傾向がある場合は、水分補給を維持することで、あなたの絶対的なベストを実行するのに役立ちます。

体の水分量のわずか2%を失うと、身体的なパフォーマンスが著しく損なわれる可能性があります。

2.エネルギーレベルと脳機能に大きく影響する

人間の脳は、水分補給の状態に大きく影響されます。

体重の1~3%の減少など、軽度の脱水状態であっても、脳機能の多くの側面に影響を与えることが研究で明らかになっています。

若い女性を対象とした研究では、運動後に1.4%の水分が失われると、気分と集中力の両方が損なわれることがわかっています。

また、頭痛の頻度も増加しました。

若い男性を対象に同様の研究を行いました。1.6%の体液減少はワーキングメモリに有害であり、不安感や疲労感を増大させることを発見しました。

1~3%の体液損失は、体重68kgの人の約0.5~2kgの体重減少に相当します。

これは、運動中や高熱時はおろか、通常の日常生活でも容易に起こります。

子供から高齢者までの被験者を対象とした他の多くの研究では、軽度の脱水が気分、記憶、および脳のパフォーマンスを損なう可能性があることが示されています。

軽度の脱水(1~3%の水分損失)は、エネルギーレベルを低下させ、気分を害し、記憶力と脳のパフォーマンスを大幅に低下させる可能性があります。



3.頭痛の予防と治療に役立つかもしれません。

脱水は、一部の個人で頭痛や片頭痛を引き起こす可能性があります。

研究によると、頭痛は脱水症状の最も一般的な症状の1つであることがわかっています。

例えば、393人を対象とした研究では、参加者の40%が脱水症状の結果として頭痛を経験したことがわかりました。

さらに、水を飲むことで、頻繁に頭痛を経験する人の頭痛を和らげることができるという研究もあります。

102人の男性を対象とした研究では、1日に1.5リットルの水を追加で飲むと、片頭痛症状のスコアリングシステムである「偏頭痛特異的生活の質」スケールで有意な改善が得られることがわかりました。

さらに、より多くの水を飲んだ男性の47%が頭痛の改善を報告したのに対し、対照群の男性ではわずか25%しかこの効果を報告していない。

しかし、すべての研究が一致しているわけではなく、研究者は、質の高い研究が不足しているため、水分補給を増やすことが頭痛症状の改善や頭痛の頻度の減少にどのように役立つかを確認するためには、より多くの研究が必要であると結論付けています。

水を飲むことは、頭痛や頭痛症状の軽減に役立ちます。

4.便秘の解消に役立ちます。

便秘は、不規則な排便と便の通過が困難であることを特徴とする一般的な問題です。

治療プロトコルの一部として水分摂取量の増加が推奨されることが多く、これを裏付けるいくつかの証拠があります。

水分摂取量の少なさは、若年者と高齢者の両方で便秘の危険因子となっているようです。

水分補給を増やすことは、便秘を減らすのに役立つかもしれません。

ミネラルウォーターは、便秘の人にとって特に有益な飲料かもしれません。

マグネシウムとナトリウムを豊富に含むミネラルウォーターは、便秘の人の便通頻度と一貫性を改善することが研究で示されています。

水をたくさん飲むことは、特に一般的に水を十分に飲まない人の便秘の予防と解消に役立つかもしれません。

5. 尿路結石を予防

泌尿器系で形成されるミネラル結晶の痛みを伴う塊です。

最も一般的なのは腎臓で形成される腎臓結石です。

以前に腎結石になったことのある人では、水分摂取が再発防止に役立つという証拠は限られています。

水分摂取量が増えると、腎臓を通過する尿の量が増えます。

これによりミネラルの濃度が希釈されるため、ミネラルが結晶化して塊を形成しにくくなります。

水分は結石の初期形成を防ぐのにも役立つかもしれないが、確認するには研究が必要である。

水の摂取量を増やすと、腎臓結石形成のリスクが低下するようである。



6.二日酔いの予防に役立ちます。

二日酔いとは、アルコールを飲んだ後に経験する不快な症状のことです。

アルコールには利尿作用があるため、摂取した水分よりも多くの水分が失われます。そのため、脱水症状になることがあります。

脱水症状は二日酔いの主な原因ではありませんが、喉の渇き、疲労感、頭痛、口の渇きなどの症状を引き起こす可能性があります。

二日酔いを軽減するための良い方法は、飲み物と飲み物の間にコップ一杯の水を飲むことと、寝る前に少なくとも大きなコップ一杯の水を飲むことです。

二日酔いは脱水症状によって部分的に引き起こされ、水を飲むことで二日酔いの主な症状の一部を軽減することができます。

7.体重減少を助けることができる。

たくさんの水を飲むことは、体重減少を助けることができます。

水には満腹感を高め、代謝率を高める効果があるからです。

水の摂取量を増やすことで、代謝がわずかに上がり、日常的に消費するカロリーを増やすことができるため、減量を促進することができるというエビデンスもあります。

太りすぎの若い女性500人を対象とした研究では、8週間、食事の前に1日3回、500mLの水を追加で飲むと、研究前の測定値と比較して、体重と体脂肪の有意な減少につながったことが実証されています。

タイミングも重要です。食事の30分前に水を飲むのが一番効果的です。

それは、より少ないカロリーを食べるように、より多くの満腹感を作ることができます。

研究では、食事の前に水0.5リットルを飲んだダイエッターは、食事の前に水を飲まなかったダイエッターよりも12週間の期間で44%以上の体重を減らしました。

ボトムライン たとえ軽度の脱水症状でも、精神的にも肉体的にも影響を与えることができます。

個人的な目標が1.9リットル、または別の量であるかどうか、毎日十分な水を摂取して下さい。
全体的な健康や美容のために効果があります。

月3千円位で手軽に出来るウォーターサーバーもおすすめです。



★ お気に入り追加