夏に多い脱水症状とは?熱中症予防にウォーターサーバーで水分補給がとても大事!

熱中症予防美容

脱水とは、単に体から水が失われることではありません。

水分と一緒に、脱水はまた、電解質として分類されるいくつかの必須ミネラルの枯渇につながります。

夏に多い脱水症状や熱中症予防とは?

脱水の結果として、体内の水分量は、体内の重要な活動を行うことができないように低くなります。

そのため、身体は無気力感、エネルギーの喪失、体力の低下などの状態に陥ります。

体が時間内に水分補給されていない場合、それは死に至ることもあります。

脱水を防ぐためには、当然のことながら、水をたくさん飲むことです。

特に夏場や、汗をかいて水分が過剰に失われてしまう運動時には、水分を補給するために大量に飲む必要があります。

また、水以外の水分は、ジュース以外には脱水症状に効果がないことも知っておきましょう。

そこで、手軽に美味しいお水が飲めるウォーターサーバーがおすすめです。

脱水についての事実

体液の過剰な損失は脱水と定義されています。平均すると、体は呼吸、発汗、排尿を介して毎日約2.5リットルの体水を失います。

どんな激しい活動、肉体的、精神的ストレスも体液の損失を増やすことにつながります。太りすぎの人々は脱水を防ぐために正常な重量を持つ人と比較してより多くの水を飲む必要があります。

正常な体重の人が毎日水 8杯から12杯のお水を飲む必要がある間、肥満であるそれらは余分な体重の11kgごとに水を余分に飲むべきです。

水をたくさん飲むことは、脱水症状を防ぐだけでなく、代謝率を高め、体内の毒素を洗い流すので、脂肪の燃焼にも役立ちます。

脱水症状は、体液のわずか2%から5%程度の水分が失われることで起こります。これは軽度の脱水症につながります。

体液の6%から10%の喪失は中等度の脱水につながり、11%以上の喪失は重度の脱水に分類されます。

わずか3%の脱水は、10%の体力の消耗、8%のスピードの損失を引き起こす可能性があります。

そのため、喉が渇いていなくても常に水を飲むことが非常に必要です。15%以上の脱水症状は致命的であることを証明することができます。

軽度の脱水症状は、のどの渇き、脱力感、倦怠感、尿が濃い、尿量が少ない、口が渇く、めまい、頭痛などの症状で識別できます。

中等度・重度の脱水症状は、尿が出ない、失神する、極度のだるさや羊のような感じ、目がくすんでいるなどの症状です。水をたくさん飲むことで脱水症状から体を守ることは、いくつかの種類のがんのリスクを下げると言われています。

少なくともコップ5杯の水を飲むことで、乳がんのリスクを79%、膀胱がんのリスクを50%以下、大腸がんのリスクを45%削減できると言われています。

水分補給をしておくと、腰痛や関節痛が80%緩和されるとも言われています。

脱水は、毒素やその他の老廃物を洗い流すために肝臓や腎臓に多大な圧力をかけることができます。

脱水状態になると、肝臓や腎臓にダメージを与える可能性が高くなります。ビールなどお酒のアルコールやカフェインをベースにした飲料やコーラなどの炭酸飲料は脱水症状を治すことはできません。お酒は、逆に脱水症状になります。

これらの飲み物は、実際には、喉の渇きを強めるので、より多くの害を引き起こす可能性があります。

脱水症が気になる方、水分量が少ない方は、ウォーターサーバーなどミネラルウォーターのお水を一杯飲むようにしてください。

脱水症や熱中症の犠牲者にならないように。