睡眠不足の副作用と健康への悪影響とは?不眠症の症状や改善方法!

睡眠不足美容

眠れないなら、心配して横になるのではなく、起きて何かをしましょう。

人間の体は、適切かつ効率的に機能するために、毎日最低8時間の休息が必要です。

睡眠不足の副作用とは?

体の細胞や筋肉の若返りは、リフレッシュした気分になるために必要なことであり、そのためには古き良き眠りのセラピーが必要なのです。

最近では、不眠症の根本的な原因は、4時間以内に必要な睡眠サイクルを完了し、後で完全に正常に感じることができるという信念が広まっています。

しかし、これは真実ではありません。

最終的には、この睡眠不足の影響が降りかかり、日常のプロセスを妨げます。

通常の状態では、1日に7~8時間も眠れず、結果として無気力感を感じているのであれば、おそらく睡眠不足に悩まされていることになります。

睡眠不足が理想的な時間に眠ることを拒むことを意味するのに対し、不眠症はどんな状況下でも眠れないことを意味するので、少し違います。

睡眠不足でも生きていける人もいますが、念のためにこの症状について知っておいた方がいいかもしれません。

睡眠不足の副作用 身体的な副作用 頭痛、目のかすみ、めまいなどは、睡眠不足の最初の兆候の一部です。

また、吐き気を感じたり、免疫力が低下することもあります。人は熱っぽさを感じ、風邪やその他の病気を発症しやすくなるかもしれません。

慢性的な睡眠不足は一般的に人の全体的な健康に悪影響を及ぼし、肥満、糖尿病、高血圧、その他の生活習慣病につながる可能性があります。

睡眠不足の他の、むしろ一般的な影響は、筋肉の痛み、目の下の袋、失神、震え、ヘルニア、体重減少、言葉の不正確さ、絶え間ないあくび、時には昏睡に至る致命的な家族性不眠症と同じくらい深刻なものです。

ハードワークと遅くまで滞在し、誰も殺したことがないと言います。

しかし、もう一度考えてみてください 睡眠不足が続くことで起こりうる副作用の一つに、死があります。

これは、免疫システムが十分な睡眠なしで弱体化し、体があらゆる種類の感染症にさらされているからです。

睡眠不足は活動性を著しく低下させ、成長ホルモンも減少させてしまいます。

怖い統計によると、一晩の睡眠時間が4時間未満の人は早死にする可能性が高いということです。

精神的な副作用 身体的な影響だけでなく、睡眠不足により精神的な影響もすぐに出てきます。

例えば、集中力の低下、反応速度の低下、幻覚、記憶力の低下、イライラ、精神病などです。

睡眠不足はストレスや不安を引き起こし、急性の抑うつ状態や絶望感につながります。

精神的な混乱、極度の優柔不断、思考の混濁は、すべて睡眠不足の決定的な兆候です。

研究によると、身体が眠っているかどうかに関わらず、疲れていると脳がシャットダウンし、マイクロスリープ(身体は意識があるのに脳がシャットダウンする状態)と呼ばれる状態になり、認知機能に悪影響を及ぼすことが示唆されています。

これが長距離の交通事故の主な原因となっています。

子供の睡眠不足影響

意外なことに、子供は上記の症状が最も起こりやすく、唯一の強力な解決策は、問題自体を芽から摘み取ることです。

睡眠と闘う子供は多動性の子供であり、それ自体が障害になることもあります。

そう、一日中休むことなくエネルギーにあふれている子供は、おそらく危険な状態にあるのです。ですから、注意してください。

もう一つのあまり知られていない事実は、一日中活動的で、就寝時間を過ぎても疲れる気配がない子どもは、一日の労作のせいで落ち着きがなく(思ったほど元気がない)、疲れていてなかなか眠れないのではないかということです。

これらは睡眠不足の副作用の一部です。この障害を予防し、戦うためには、いつもよりも早く寝る、就寝前に少しリラックスする、体の健康を確保するなどの簡単なステップは、定期的なライフスタイルの選択として大事です。

不眠症が改善すると、生活が少しでも楽になります。

★ お気に入り追加