1日に飲む必要のあるお水の量とは?お水のメリットと危険な脱水症状とリスクとは?

脱水症状美容

1日にコップ8杯の水を飲むことを目指すべきだと聞いたことがあるかもしれません。

実際に飲むべき量は、思っているよりも個別化されています。

医学研究所は現在、男性は1日あたり少なくとも13カップの水を飲むことを推奨しています。

彼らは女性は少なくとも9カップを飲むべきだと言います。しかし、飲むべき水の量を正確に判断するのはそれほど簡単ではありません。

1日に必要なお水の水量は?

体重は、60パーセントの水で構成されています。
体内のすべてのシステムが機能するには水が必要です。
推奨摂取量は、性別、年齢、活動レベル、妊娠中や授乳中かどうかなどの要因に基づいています。

大人
19歳以上向けの現在の推奨は、男性が約3.7リットル、女性が2.7リットルです。これは、果物や野菜など、水が含まれている飲食物を含む、1日あたりの全体的な水分摂取量です。

この合計のうち、男性は飲料から約13杯を飲む必要があります。女性の場合は9杯です。

子供達
子供のための推奨事項は、年齢と関係があります。4歳から8歳までの女の子と男の子は、1日あたり、つまり5杯飲む必要があります。この量は、9〜13歳までに7〜8カップに増えます。14〜18歳の場合、推奨される水分摂取量は、つまり8〜11カップです。

妊娠中の女性

妊娠中または授乳中の場合は、推奨事項が変わります。すべての年齢の妊娠中の女性は、毎日10杯の水を飲むようにしてください。
授乳中の女性は、総水分摂取量を13カップにする必要があります。



お水の年齢別必要推奨量

4-8歳の子供 5カップ
9-13歳の子供 7-8カップ
14-18歳の子供 8-11カップ
男性、19歳以上 13カップ
19歳以上の女性 9カップ
妊娠中の女性 10カップ
授乳中の女性 13カップ

※暑い気候に住んでいる、運動が多い、発熱、下痢、嘔吐がある場合は、より多くの水を飲む必要があります。

運動する場合は、毎日さらに3カップの水を追加します。
1時間以上スポーツする場合は、さらに追加する必要があります。

暑い気候に住んでいる場合は、より多くの水が必要になることがあります。

発熱、嘔吐、または下痢がある場合、体は通常より多くの水分を失いますので、より多くの水を飲んでください。
電解質のバランスをより安定に保つために電解質を含む飲み物を加えることもおすすめします。

水分補給が必要な理由とは?

水は、体が1日で通過するほとんどのプロセスにとって重要です。水を飲むとき、補充します。十分な水がなければ、体とその器官は適切に機能することができません。

お水のメリットとは?

体温を正常範囲内に保つ
関節の潤滑とクッション
背骨やその他の組織を保護する
尿、汗、排便による老廃物の除去を支援
十分な水を飲むことも、ベストを尽くすのに役立ちます。
たとえば、水はお肌を健康に保ちます。
皮膚は体の最大の器官です。
たくさんの水を飲むとき、健康で水和した状態に保ちます。

また、水にはカロリーが含まれていないため、水は体重を管理するための優れたダイエットツールにもなります。
お水の摂取量が少なすぎたりするとリスクがあります。

脱水症状

体は常に発汗や排尿などの行動を通じて水分を使用し、失っています。
脱水症状は、体が摂取するよりも多くの水分や水分を失うと発生します。

脱水症状は、喉の渇きから疲労感までさまざまです。
また、頻繁に排尿していない、または尿が暗いことに気付くかもしれません。

子供の脱水症は、口や舌の乾燥、泣きながらの涙の欠如、通常よりも少ないおむつを引き起こす可能性があります。

危険な脱水症状とは?

混乱または不明確な思考
気分の変化
過熱
便秘
腎臓結石形成
ショック
錯乱
頭痛
倦怠感
吐き気または嘔吐
過敏
筋肉のけいれん、けいれん、または脱力感
発作
昏睡

軽度の脱水症は、より多くの水や他の水分を飲むことで治療できます。
重度の脱水症状がある場合は、病院での治療が必要になることがあります。
症状が治まるまで、医師から点滴の水分と塩分が与えられる可能性があります。