メイクをしたまま寝ると起こる可能性がある7つとは?お化粧の気をつけたい注意点!

メイク寝る美容

一晩の間に自分の化粧を残すことは、それが見えるかもしれないほど無害ではありません。自分の寝具を台無しにすることに加えて、それは自分の外観を損なうことができます。定期的に製品のトンでベッドに行く場合は、いくつかの深刻なリスクに自分自身を公開している可能性があります。

私たちは明るい側でも化粧を眠りに落ちるの罪悪感をされているし、それがどのように影響を与えることができるかを見つけることにしました。

1.それは自分の毛穴を詰まらせます

多くのメイクアップ製品、特にシリコーンやアクリルを含む製品は、毛穴をふさぐ可能性があります。これらの成分が毛穴に入り込み、その中のバクテリアや天然オイルを閉じ込めてしまいます。油分、汗、細菌、古い皮膚細胞の組み合わせは、毛穴の詰まりにつながる可能性があります。日中にメイクをしていても起こることがありますが、一晩中メイクをしたままにしておくと毛穴が詰まる可能性が高くなります。

2.吹き出物の原因になる

寝る前にメイクを落とさないと、肌の酸素が少なくなります。また、メイクに含まれる刺激の強い化学物質も、肌に長く接触したままになっています。夜にメイクを落とさないと、有害な化学物質と酸素不足で、やがて吹き出物やニキビの原因になってしまうこともあるのです。

女性の気になる目元に!刺すプロテオグリカン

3.早期老化の原因にもなりかねません

メイクアップに含まれる人工的な色や他の成分は、有害な化学反応を引き起こし、肌の老化を早める可能性があります。私たちの肌は、私たちの環境に対する保護バリアとして機能し、夜にそれを「リセット」するのを助けなければ、その防御力が弱まり、私たちの遺伝子パターンへの望ましくない変化が発生する可能性があります。化粧は、私たちが日中にさらされているフリーラジカルを許可することができます、私たちの肌に「スティック」。

4.目の感染症を引き起こしたり、まつ毛にダメージを与えたりすることがあります

検眼士は、多くのアイメイク製品にはホルムアルデヒドや重金属などの毒素が含まれていると警告しています。毒素を肌につけたまま寝ると、炎症を起こし、まつ毛が早く抜け落ちる原因になることさえあります。定期的にマスカラを落とさないと、目の炎症や結膜炎を引き起こす可能性があるとの事例もあります。

5.唇がカサカサになる

日中に口紅を着用すると、それは通常完全にすべての時間に滞在していない食べたり飲んだりするのですぐに着用します。しかし、睡眠時には、口紅自分の唇から水分を吸収するのに十分な時間があります。眠る前に自分の口紅を拭いていない場合は、チャンスは、乾燥したひび割れた唇で目を覚ましますです。



6.脂ぎった髪や肌につながる可能性があります

メイクをしたまま寝ると、寝具に汚れが残ったり、髪や肌についたりします。髪の毛にはリップグロスや口紅が一晩中コーティングされて脂っぽくなったり、絡まったりすることもあります。寝る前にきちんとメイクを落とすことは、脂性肌の人にとっては特に重要なことです。

7.肌がくすんでしまう

一晩中メイクをしたままにしておくと、製品が長時間肌の上に座っているため、肌が生き生きとして見えなくなってしまうことがあります。環境汚染や他の毒素は、自分のメイクで立ち往生し、自分が装飾的な化粧品から夜に自分の肌に休憩を与えない場合は、それがより多くのくすみや細かい線につながる可能性があります。

自分がメイクをしたまま眠ってしまった場合はどうすればいいですか?
無香料で肌を落ち着かせる鎮静剤が配合されているメイク落としでアイメイクをオフしましょう。
目薬を使って目を落ち着かせます。

穏やかなスクラブやクレンジングオイルでメイクを完全に落とし、その後は通常のスキンケアを行ってください。
次の24時間のための超豊富なバームを使用して、自分の唇を回復するのに役立ちます。
メイクをしたまま寝たことがありますか?それはどのように自分の肌に影響を与えましたか?



★ お気に入り追加