外観を害するホルモンバランスの不均衡の重要な症状とは?

美容

人体の成長と発達は、ホルモンの働きに大きく依存しています。ホルモンは、私たちの気分や感情、行動、そして外見にまで影響を与えています。

自分のルックスに影響を与えることができるホルモンバランスの不均衡の最も一般的な症状について調べることにしました。自分がこれらの症状のいくつかを持っている疑いがある場合は、すぐに自分の医者に相談してください。

9. にきび
ニキビの発生は、不適切なスキンケア、偏った食生活、または月経周期の結果である可能性があります。しかし、にきびが自分の恒常的な仲間になっている場合、それはおそらくホルモンの乱れの症状です。

8. 過剰な体重の増加
多くの人は一生体重と格闘し、食べ物の欲求に抵抗したり、スポーツをしたりしていますが、中には特に努力しなくても痩せている人もいます。この不公平感の原因は、ホルモン関連の問題である可能性が高いと考えられます。

7. 疲労感
慢性的な疲労は、ホルモンバランスが崩れているサインかもしれません。8時間の睡眠をとっている人でも、常に疲れているように見えることがあります。

プロゲステロンの濃度が高いことが原因かもしれません。簡単な血液検査で血中のプロゲステロン濃度を測定することができます。

6. 汗をかく
過度の発汗は必ずしもホルモンの乱れと関係があるわけではありません。しかし、突然のほてりを伴う発汗の場合は、ホルモンの数値をチェックしてもらう必要があります。

5. 目の下のクマ
1日3時間しか寝ていないと、目の下のくまをカバーするのに役立つファンデーションはありません。睡眠は、ホルモンが上下しているときには、手に負えないほどの贅沢なもののように思えることがよくあります。

慢性的な不眠は、男性ではテストステロン、女性ではプロゲステロンが不足していることが原因かもしれません。

4. うつ病の症状
うつ病もホルモンバランスの乱れの症状の一つです。不安や抑うつは、女性の月経周期の直前、妊娠中、閉経期に起こることがあります。

不安発作がより頻繁に起こる場合は、内分泌専門医に相談しましょう。

3. 乳房の変化
エストロゲンの低レベルは、自分の乳房組織をより密にすることができます。このホルモンのレベルが高いと、しこりや嚢胞を引き起こす可能性があります。

乳房の変化に気づいたり、乳房にしこりを感じたりした場合は、医師に相談するのを遅らせないようにしましょう。

2. 抜け毛
過剰な抜け毛は、ホルモンバランスの乱れからくる症状のひとつです。どんなに良いシャンプーを使ってもブラシに残った髪の毛の量が減らなくても、ホルモンバランスの検査を受けてみましょう。

1. 不要な髪の毛
抜け毛を止めようとしている女性がいる一方で、抜け毛をなくす方法を探している女性もいます。

胸、顔、手など、普段は髪の毛がない、または最小限にとどまっている部分に黒い髪の毛がある場合は、深刻なホルモンバランスの問題があることを示しています。

ホルモンバランスの乱れを治すには?
人体のホルモンバランスは非常にデリケートで、簡単に乱れてしまいます。不均衡は、体や環境の変化によって自然に起こることがあります。また、外分泌器官や内分泌器官に重大な問題があることを示すこともあります。この分野を専門とする内分泌専門医が、ホルモンバランスを整えてくれます。

★ お気に入り追加