チョコレートを食べるとダイエット効果で体重が減る?

ダイエット

1日のある時間帯にチョコレートを食べると、お腹の脂肪を落としたり、血糖値を下げたりするのに役立ちます。

1日の最初の1時間に多量のチョコレートを食べると、脂肪の減少を促進し、血糖値を下げることができます。

起床後1時間以内に100gのチョコレートを摂取すると、脂肪の燃焼、血糖値の低下、日々のコルチゾールレベル(ストレスホルモン)の低下に効果があります。

ミルクチョコレートは、脂肪分と糖分が多いため、特に太りやすい女性にとっては、体重を増やすのに適したレシピのように思えます。

しかし、チョコレートを摂取する「タイミング」が、マイクロバイオータの組成や機能、空腹感、脂肪燃焼に影響を与えることが示唆されました。

女性に、起床後1時間以内、または就寝前1時間以内に、ミルクチョコレート100gを2週間摂取してもらいました。

体重増加をはじめ、血糖値、空腹感、食欲に関するストレスレベルなどを、チョコレートを摂取しない2週間と比較しました。

その結果、チョコレートを摂取した2週間は、女性の空腹感が減り、甘いものを欲しがる回数が減ったため、より多くの体重を減らすことができました。

また、朝にチョコレートを食べることで、日中のコルチゾールレベルが下がり、その結果、ストレスによる食欲が減るなどの効果もありました。



このことは、朝にチョコレートを食べた女性たちが、1日のカロリーの変化に応じて摂取量を調整するカロリー補正がうまくいったことをある程度説明できるかもしれません。

甘いものへの欲求が減るのは、満足感が長く続き、脳内のエンドルフィンが放出されて気分が良くなるからかもしれません。

朝や夜にチョコレートを食べても、体重増加は起こらなかった。
チョコレートの摂取は、マイクロバイオータの構成、空腹感や食欲、睡眠に影響を与える。
朝食時にかなりの量のチョコレートを食べると、お腹の脂肪を落としたり、血糖値を下げたりするのに役立つ可能性がある。
朝にチョコレートを食べると、夜の摂取に比べて脂質の酸化(脂肪酸の分解)が26%促された。
また、夜にチョコレートを食べると、朝のチョコレートよりも糖質の酸化が35%促進されました。

結果は、”何を”食べるかだけでなく、”いつ”食べるかが、体重の調節に関わる生理学的メカニズムに影響を与えることを明らかにしました。

「摂取カロリーを増やしても、体重は増えませんでした。

結果は、チョコレートが自由摂取エネルギーを減少させたことを示しており、これまでの研究で示された空腹感、食欲、甘いものを食べたいという欲求の減少が観察されたことと一致しています。

ダークチョコレートは、満腹感を高め、もっと食べたいという欲求を抑えるため、脂肪分の多い食べ物や甘いもの、塩分の多いお菓子への渇望を低下させることが示唆されています。

最大50%OFF!会員限定アウトレット商品有り♪【ロッテ オンラインショップ】

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました