簡単な減量方法とは?お腹の脂肪を減らすオイル!

ダイエット

このオイルを料理に使って、より減量を目指しましょう。

毎日の食事で15~30gのココナッツオイルを摂取すると、お腹の脂肪を減らすことができることが、最近の研究でわかりました。

また、ココナッツオイルは空腹感や食欲を抑えることができ、これが減量につながります。

さまざまな研究のメタ分析によると、長期的に長鎖トリグリセリド(LCT)を中鎖トリグリセリド(MCT)に置き換えることで、体重が減り、お腹の脂肪が減ることが示唆されています。

ココナッツオイル、パーム核油、乾燥ココナッツ、生のココナッツ肉には、MCTが多く含まれています。

大豆油、ひまわり油、オリーブオイルなど、私たちの食事に含まれるほとんどの油脂にはLCTが含まれています。

プロ大絶賛の自宅ランニングマシン!【家庭用ルームランナー販売店】

しかし、MCTは分解されやすく、細胞への吸収が早いため、カロリーを消費する能力を高めることができます。

その結果、MCTは脂肪として体内に蓄積されず、消化管から肝臓に素早く送られ、エネルギーやケトン体に変化します。

お腹の脂肪
内臓脂肪はお腹の奥深くにあり、胃、肝臓、膵臓、腸などの臓器を包み込むように存在しています。

お腹の内臓脂肪は「活性脂肪」とも呼ばれます。このタイプの脂肪は動脈に蓄積され、心血管疾患、2型糖尿病、がんなどの危険な健康状態を引き起こす可能性があります。

この脂肪は、皮膚の下に蓄えられている皮下脂肪とは異なり、腕や脚など体のさまざまな部分で感じることができます。

もし、お腹が出ているのであれば、内臓脂肪が蓄積されている可能性が高いです。

男性のウエストが40インチ以上、女性のウエストが35インチ以上の場合は、内臓脂肪が過剰であることを示しており、健康上の問題があると考えられます。

この内臓脂肪を取り除くには、食事や生活習慣を見直して減量することが有効です。



タイトルとURLをコピーしました