減量で食欲をコントロールするダイエット方法

ダイエット

減量のための食事療法にこれを加えれば、空腹感を抑えて過食を止めることができるというおまけつきです。

一般的に信じられていることとは逆に、運動は食欲を減退させるという研究結果が出ています。

低カロリーの食事を続けることは、運動と組み合わせるとより効果的です。なぜなら、身体活動は過食に対する保護要因になるからです。

いくつかの研究では、運動は食欲を増進させ、結果的に過食につながることが示唆されています。

しかし、他の研究では、身体活動は、空腹、ストレス、やる気のなさなどによる食生活の乱れから人々を守ることがわかっています。
体重・摂食・生活科学センターの研究者らは、低カロリーの食事をしているときに、運動をすることで食行動が改善され、空腹感を抑えることができることを明らかにしました。

ULP結婚相談所公式サイトはこちら

ほとんどの行動療法的な減量プログラムでは、健康上の利点やエネルギーを消費することによるカロリー消費を理由に、運動が推奨されています。

興味深いことに、運動が食欲や食行動の制御を改善することで、カロリーを抑えた食事を継続するのに役立つ可能性が示唆されました。

減量を目指す人にとって、運動をする理由がまた一つ増えました。

カロリーを抑えた食事と運動プログラムを実践した130人の過体重および肥満の被験者の食欲に対する運動の効果を調べました。

被験者が運動をしなかった場合、過食の確率が12%増加することに気づきました。

しかし、これらの被験者が60分の運動をした場合、過食のリスクは5%減少しました。

さらに、運動量が10分増えるごとに、過食のリスクは1%ずつ減少しました。

また、運動の強度が参加者の食行動や食事の摂取量に影響することもわかりました。

軽い身体活動は、中程度や激しい運動よりも過食に対する保護効果が最も高かった。

これらの知見は、減量を目指す参加者がいつ過食のリスクにさらされるかをよりよく理解するのに役立ちます。

過食を防ぎ、体重減少を促進する治療法の開発にも役立ちます。



タイトルとURLをコピーしました