減量でお腹の脂肪を落とすための最も効果的なダイエットテクニック!

ダイエット

お腹の脂肪を落とすには、運動が一番効果的です。

お腹の脂肪を落とすには、運動が一番だという結果が出ました。

運動をしている人の方が、減量のための薬を飲んでいる人よりも、より多くのお腹の脂肪が減るという結果が出ました。

運動をするとインターロイキン6という分子が放出されます。

これは、脂肪を分解するのに役立ち、効果的に脂肪を溶かすことができます。

一般の方は、運動をしなさいということです。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

運動が健康を促進することは誰もが知っていますが、定期的な運動トレーニングが腹部の脂肪量を減らし、それによって心血管・代謝疾患の発症リスクを低下させる可能性があることもわかりました。

運動をした人では、お腹の脂肪が平均8%減少していたそうです。

また、インターロイキン6の働きを阻害する薬を投与した人もいました。

その結果、このグループは体重が増加したことから、インターロイキン6が減量に重要であることが示唆されました。

知る限り、インターロイキン6がヒトの内臓脂肪量の調節に生理的役割を果たしていることを示した最初の研究です。

残念ながら、お腹の脂肪を取り除くことができるとされる食品や食品の組み合わせはありません。

しかし、食事と運動はどちらも有効です。

また、健康的な食生活は、認知症やがんなどのリスクを軽減するなど、健康全般に有益です。

運動を始めると、筋肉量が増えて体重が増加する可能性があることを強調しておきましょう。

全体重の測定に加えて、内臓脂肪量の減少を把握し、モチベーションを維持するために、ウエスト周囲径を測定することは有用であり、より重要かもしれません。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

タイトルとURLをコピーしました