お腹の脂肪を減らし記憶力をアップさせる減量術

このテクニックは、記憶力の向上など、脳の健康に関連しています。

断続的な断食は、体重を減らすための最良の方法の1つであると研究で結論づけられています。

断続的な断食は、通常のカロリー制限と同じ量の体重減少をもたらすだけでなく、お腹の脂肪の排出量を増加させます。

また、断食によって血圧が低下し、血中脂質の低下や安静時心拍数の低下にもつながります。

断食には大きく分けて2つのタイプがあります。

1つ目のタイプは、1日のうちで食事をする時間帯を制限するものです。

例えば、朝食はいつもより90分遅く、夕食は90分早く摂り、この6〜8時間の枠外には何も食べません。

もう1つの方法は、1週間のうち2日だけ1回の食事をし、残りの日は通常の食事をするというものです(「5:2ダイエット」と呼ばれることもあります)。

この結論は、減量のための断食に関する複数の研究をレビューしたものです。

健康的な食事や運動に関する標準的なアドバイスと並んで、断食に関する情報を医学部のカリキュラムに加えることをすぐに検討できる転換期にあります。

動物実験の結果から、断食が細胞の健康をサポートすることがわかりました。おそらく、私たちの祖先が経験した食糧不足という古くからの問題が原因と考えられます。

断食をすると、体は糖分を燃やすのではなく、脂肪をエネルギーに変えるように切り替わります。

この切り替えにより、ストレス耐性が高まり、血糖値が調整され、炎症が抑えられます。

人体実験でも効果が確認されています。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

断続的な断食は、インスリン感受性を高めるだけでなく、お腹の脂肪や全体的な体重を減らします。

断続的な断食は脳の健康にも役立つ可能性があります。

断食によって記憶力が向上することがわかりました。

断食の難しさは、そもそも断食に慣れることだと言います。

空腹感やイライラ感を感じることは最初はよくあることですが、体と脳が新しい習慣に慣れるにつれて、通常は2週間から1ヶ月後には解消されることを伝えてください。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。