ダイエットしなくても体重減少が2倍痩せるテクニック!

ダイエット

このシンプルな減量方法には、運動も大きな食事の変更もありませんでした。

ゆっくり食べることで、体重が2倍になるという結果が発表されました。

一口食べるごとに30秒間噛むだけで、研究参加者の体重は6カ月間で体重が減少しました。

対照的に、通常のスピードで食事をした対照群は、体重が増加しました。

運動や大きな食事の変更はありませんでした。

ゆっくりとした食べ方は、満腹感が胃から脳に伝わるまでの時間が長くなるため、効果があるそうです。

このゆっくりとした食事法は、自分で取り入れて、一生続けていくことができます。

また、この方法を自分の子供に教え、その子供がまた自分の子供に教えることもできます。

この研究では、6歳から17歳までの子どもたちを対象としました。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

子どもたちは、一口を30秒間噛むように言われ、時間を計るための小さな砂時計を渡されました。

砂時計があることで、ゲームのように楽しめました。

また、子どもたちはお互いに責任を持ち合っていることにも気づきました。

砂時計を忘れた子がいたら、他の子が思い出させてくれました。

その他の指示は、食前にコップ1杯の水を飲むことと、食間におやつを食べないことだけでした。

その結果、ゆっくり食べた子どもたちは、1年間で体重の3%から5%が減少しました。

一方、同じような子供を集めた対照群では、1年間で7%から8%の体重増加が見られました。

ゆっくり食べると効果的なのは、「満腹反射」が脳に届くまでの時間が長くなるからです。

満腹というメッセージは約15分で届きますが、多くの人はそれよりも早く一食分を食べてしまいます。

体重増加を防ぐことに重点を置いています。このダイエット方法は、シンプルで、安価で、簡単に実行できます。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

タイトルとURLをコピーしました