エクササイズが性格を変える4つの素晴らしい方法!

ダイエット

習慣がどのようにして始まるかに注目することが、定期的な運動をするための鍵となります。

運動をすると人は外向的で好意的になると言われています。

これらは、適度な運動が性格に与えるポジティブな変化のうちの2つに過ぎません。

また、運動は人の良心性を高め、経験をより受け入れるようにします。

このような性格の変化によるメリットとしては、以下のようなものがあります。

外向的な人はよりポジティブな感情を持つ傾向があり、良心的な人は人生でより多くの成功を収めることができます。
また、経験に対してオープンであることは、知性や創造性につながります。
一方、座りっぱなしの人は、性格の変化が逆のパターンになる傾向があります。

例えば、好感度の低下、経験に対して閉鎖的になる、良心的でなくなるなどです。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

20年以上にわたって追跡調査し、それぞれの性格や運動レベルについてのアンケートに答えてもらいました。

その結果、比較的少量の運動が、長年にわたる性格のポジティブな変化につながっていることが分かりました。

体を動かさない生活は、長期的な生物学的、健康的、認知的な結果をもたらします。例えば、虚弱のリスクが高くなり、心身の健康状態が悪化し、記憶や実行機能が低下します。

このような結果は、自制心や整理整頓、探求心や好奇心の低下など、性格にも長期的な影響を及ぼす可能性があります。

実際、認知機能の低下、虚弱体質、鬱症状や疾病負担の増加は、時間の経過とともに良心的で開放的な性格の低下と関連しています。

習慣をどのように開始するかに着目することが、定期的な運動を行うための鍵となることが研究で明らかになっています。

それは、自動的に運動することを促す規則的な合図があるかどうかということです。

良い運動習慣を作るためには、どのような運動をするかではなく、何をきっかけに運動を始めるかに注目すべきです。

「いたたた…!」エルセーヌのエステ体験行ってみた!【画像あり】

タイトルとURLをコピーしました