お腹の脂肪を落とすのにおすすめのダイエット方法!

ダイエット

お腹の脂肪は、心臓病、糖尿病、メタボリックシンドロームの発症に関連しています。

お腹の脂肪を減らすには、運動が最も効果的であることが、新しい研究で明らかになりました。

科学者たちは、内臓脂肪(お腹の脂肪)を減らすための薬と運動の効果を比較しました。

その結果、総体重あたりの内臓脂肪の減少量が多いことがわかりました。

内臓脂肪は、体の奥深くにある脂肪で、心臓病、糖尿病、メタボリックシンドロームの発症に関係しています。

内臓脂肪は、局所的な臓器に影響を与えることもあれば、身体全体のシステムに影響を与えることもあります。

全身的には、腹部の臓器だけでなく、心臓や肝臓にも影響を与えます。

体重や肥満度を指標とした研究では、介入によって体のいたるところの脂肪が減少しているのか、それとも表面付近だけが減少しているのかがわかりません。

運動と薬の両方が内臓脂肪を減少させることがわかりましたが、運動の方がより効果的でした。

脂肪の位置と種類が重要です。

理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

体重やBMIを測るだけでは、体重を減らすことによる健康への恩恵を過小評価してしまいます。

運動は実際に内臓脂肪を溶かすことができます。

以前、脂肪は医師から不活性と見なされていましたが、今では病気のプロセスにおいて活性であると考えられています。約40%は肥満です。

肥満の人でも、心臓病や糖尿病、メタボリックシンドロームになる人とならない人がいます。

いくつかのアプローチを組み合わせることで、内臓脂肪を低下させ、これらの疾患を予防できる可能性が示唆されました。

ダンディハウス PERSONAL GYM

タイトルとURLをコピーしました