目標を達成するための12の学習方法とは?資格合格や結果、受験勉強を後押し!

学習方法ビジネス

資格の取得や受験の合格、テストなどの試験でいい点数を取る、ビジネスでうまくいくなど目標を達成する秘訣は、よく考え、そこに到達するための計画を立てることです。

これは、時間を最大限に活用し、学校で成績を伸ばしたいと考えている学生に特に当てはまります。

使う時間を整理して管理することで、限られた時間を有効活用出来ます。

学習目標を達成できる学習戦略の開発に役立つ学習ヒントのリストをまとめました。

成功や結果を後押しする12の学習方法

成績がいい子供は、勉強の学習計画がきちんとしています。計画は、人生においてとても重要です。

1.学習目標を設定する

目標設定は、人々が生活の中で前向きな変化を成功させるのに役立つ戦略の一部として使用できることを示唆する多くの信頼できる研究があります。

したがって、達成したいことを自分で特定する力を過小評価しないでください。重要な質問を自問してください。現実的な目標を設定していますか?

これらの目標を達成するためにもっと努力する必要がありますか?

設定した目標に満足している場合は、目標を念頭に置いて、今後1年間の学習計画を立てることを目指してください。

2.学習計画を立てる

時間は貴重です。試験の前夜まで物事を勉強しなかった成績が悪い学生ほど、このことに気づいている人はいません。

もちろん、それまでには手遅れです。テストの詰め込みのサイクルを断ち切る鍵は、先を考えて効果的な学習計画を作成することです。

整理が整い、時間を最大限に活用できるようになるだけでなく、心が安らぎ、準備がしっかり整います。

また、テスト試験に出たときに感じる厄介な気持ちがなくなります。

古いことわざにあるように、準備に失敗し、失敗する準備をしてください。

プレゼンなど準備を事前にすることで成功確率が高まります。しっかりしている人ほど、準備を怠りません。



3.定期的に休憩を取ることが大事

人間は、誰も超人的ではないので、入れた仕事から回復するための時間を自分自身に与えなければ、最適な集中レベルを維持することができないことを認識することが重要です。

これは、10分ウォーキングでもいいです。ジム、旅行、友人とのおしゃべり、温かい飲み物を飲むなど。

休憩が先延ばしのように感じる場合は、そうではありませんのでご安心ください。

定期的に短い休憩を取ることは、集中力の向上に役立つだけでなく、生産性も高めることができます。

休憩することで、より集中できて、頭もリフレッシュします。息抜きや休憩をすることは、大事です。

4.新しいテクノロジーを採用する

勉強するということは、紙くずの上にペンで物事を書き留めることです。

古い手書きの方法はもちろんその地位を保っており、今までにないほど研究を個人化するためのより多くの方法があるというだけです。

オンラインツール、ソーシャルメディア、ブログ、動画、モバイルアプリのいずれを経由する場合でも、学習はより流動的でユーザー中心になります。

学習動画など新しい学習方法も試しましょう。



5.自分でテストする

不思議なことですが、テスト試験の環境に入るだけで、学んだことの一部を忘れてしまうこともあります。

解決策は、主要な日付、事実、名前、式などを覚えておく必要があるというプレッシャーに心から備えることです。

定期的な問題で自分をテストすることは、これを行うための優れた方法です。

また、最初はいい点数を取れないことを心配しないでください。

練習すればするほど、上手になります。

6.健康的なバランスを見つける

この機会を利用して、身体的および精神的に自分自身を評価してください。エンジンが不足していますか?

「十分な睡眠が取れない」または「コンビニ食を食べすぎている」と文句を言うのではなく、しっかりコントロールが必要です。

変化を起こし、それが態度と学習ルーチンにどのようにプラスの影響を与えるかを見てください。

これは、将来的に健康的なバランスを維持する動機になるはずです。

7.ポジティブになる

態度は、成し遂げる学習のレベルと学習プロセスの有効性に大きな影響を与えることが分かっています。

それを行うことができず、学習のアイデアにコミットしないと言い続ける場合、勉強することはより困難になる可能性があります。

代わりに、前向きな結果と、それを達成するために自分の個々の強みをどのように使用できるかに集中してください。

前向きに考えると、脳の報酬センターはより大きな活動を示し、それによって大きな不安を減らし、新しい考えやヒントにもっとオープンに感じるようになります。


8.調査パートナーと協力する

クラスメートのことをよく知っているはずです。

これは、上手く機能していることを知っていて、優れた成績を収める意欲がある2人の研究パートナーを選択するのに適しています。

頻繁に会うことができなくても心配しないでください。グループツールなどのオンラインツールを使用して、コミュニケーションしたり、研究ノートを互いに共有したりできます。

9.レッスンをストーリーに変える

誰もが良い話を読んだり聞いたりするのが好きで、それには正当な理由があります。

物語は楽しませるだけでなく、重要な詳細を理解して記憶するのにも役立ちます。

重要な詳細や事実をストーリーに織り込むことで、これを学習に適用できます。

風変わりで馬鹿げたものを作成できるほど、より良いものになります(特にクレイジーなストーリーを覚える可能性が高くなるためです)。

10.研究ルーチンを確立する

学習ルーチンは、何をいつ学習するかを計画するだけではありません。主な懸念事項の1つは、学習環境です。

静かで気晴らしの少ない勉強する場所を見つけましょう。または、毎日学校の図書館の別の場所に座って、これがどのように機能するかを確認することもできます。

11.小さなチャレンジをマークする

非常に長くて密度の高い対象に直面する必要がある場合は、小さな課題を設定して精神を高く保つことができます。

毎日集中し、勉強しながらモチベーションを見つける良い方法です。科学的分析によると、私たちのやる気と興奮が高まるほど、脳のパフォーマンスが向上します。



12.教師に相談する

試験について質問があれば、できる限り最善の方法は、教員の先生に行き、疑問を明らかにすることです。

その人はあなたの質問を解決するのに最も適しているだけでなく、あなたのイニシアチブは好評であり、彼の主題に興味があることを示すことによって良い態度を示します。

勉強するのに最適な時期や、どのくらいの期間働くべきかということを理解するのに必要なルールはありません。

誰もが異なるため、ルーチンを確立する最良の方法は、さまざまなことを試し、何が最も効果的かを確認してから、ルーチンを変更して学習効果を最大にすることです。