40歳で転職する前に知っておきたい事とは?転職のメリット、デメリット!

4代転職ビジネス

40歳になると、キャリアが20年近くになります。始めた時と同じ職業で働き続けているのであれば、この時点までに多くの経験を積んでいることになります。出世もしているかもしれません。

同じキャリアを続けていても、どこまで行くかはわかりません。残念なことに、あなたは今やっていることが特に好きではありません。あるいは、自分がこれ以上出世できないことに気づいてしまったのかもしれません。

どうすればいいのでしょうか?転職するにはもう遅いのではないかと心配になるかもしれません。それは陳腐に聞こえるかもしれませんが、それは決して遅すぎるということはありません。だからと言って、転職が簡単になるわけではありませんし、大した努力をしなくてもできるというわけでもありません。転職は、たとえ準備ができていたとしても、難しいものです。

しかし、毎日楽しくないことや満足できないことをするために仕事に行くのは、はるかに難しいというのが実情です。40歳でキャリアチェンジをすることのポジティブな点とネガティブな点を比較してみると、意思決定のプロセスを始めるのに役立つでしょう。

転職する理由とは?

この年齢で自信をつけることでスイッチが入りやすくなる

再就職のために再教育が必要になっても、定年までには25年の猶予がある

良い転職は、健康や人間関係にポジティブな影響を与えることができます。

今までの経験を活かして、別のスキルを身につけることができます。

【転職で難しいこと】
まだ家に下の子がいる場合の対応

住宅ローンや高い年会費をカバーするだけのお金を稼ぎ続ける

新しいキャリアの準備のために、現在の仕事を休む必要があるかもしれません。

逆に、新しいキャリアの準備をしながらフルタイムの仕事を続ける必要があるかもしれません。

事実。dodaは大手に強い。

転職して何が良いのか?

多くの人が40歳を迎えると、自信がついてくると言います。転職をするには、どんなことにもチャレンジできると感じた時ほど、良いタイミングはないのではないでしょうか?

多くの人がそうであるように、65歳で定年を迎える場合、あなたの将来にはまだ25年分の仕事が残っています。別の職業に就くための準備に数年かかったとしても、すべてが計画通りに進めば、満足のいくキャリアを過ごすために20年以上の時間が残されていることになります。また、経済的な理由で65歳まで働かなければならなくなったとしても、自分の好きなことをしていることに感謝するでしょう。

お仕事の変更は、あなたの人生、健康、人間関係に影響を与えます。間違ったキャリアであることだけでなく、移行を行うかどうかを決定することは、ストレスがかかります。あなたが何をしようとしているかを把握したら、それはおそらく大きな安堵として来るでしょう。

転職は難しいか?

40歳には多くの責任があり、30歳でキャリアを変更するよりも、この移行をより困難にする可能性があります。40歳になると、経済的に責任のある子供がいる可能性が高くなります。ここ数年の間に家を購入し、支払うべき住宅ローンがあるかもしれません。

30歳とは異なり、40歳の人は、新しいキャリアに備えるために仕事を休もうと思ったら、貯金に手をつけなければならないかもしれない。あるいは、新しい仕事に備えて現在の仕事を続けながら、今の仕事を続けなければならない場合もあるかもしれません。

エンジニアのための、新しい転職サービス【GeekOut】

どのように転職をするか?

中途半端な転職活動の難しさに落胆しないようにしましょう。転職したいと思ったら、今の自分の生活状況に合った方法を探してみてください。10歳若かったときよりも少し時間がかかるかもしれませんが、うまくやれば、それだけの価値があるかもしれません。努力を重ねることになるので、新しい仕事を選ぶ際には、しっかりと考えて選ぶことが大切です。転職の成功を高める転職サイトを利用しましょう。

キャリアプランニングの最初のステップである自己診断では、自分の興味、性格、適性、仕事に対する価値観などを知ることができます。

40歳になって発見したことは、若い頃にこのアセスメントを行っていた場合とは全く異なるものになるかもしれません。ですから、もしあなたが高校生や大学生の頃に転職サイトで「無料のキャリア診断テスト」を受けたことを覚えているのであれば、わざわざ結果を探さなくてもいいのです。もう一度やってみてください。このステップを終えたら、適切な選択肢のリストができあがります。

リストに載っている職業を時間をかけて調べ、社会人インターンシップをすることも検討してみましょう。

自己評価では、あなたの特徴に基づいて、キャリアがあなたに適していることが示されているかもしれませんが、40歳になると、考慮すべきことが他にもあります。例えば、経済的な責任から、トレーニングや教育に多くのお金をかけることはできないかもしれません。家族の世話をしなければならないので、勉強に多くの時間を費やすことは、今すぐにはできないかもしれませんし、やりたいことでもありません。

準備といえば、あなたはまだあなたのキャリアの約25年を残している間、あなたはあなたの新しい職業で作業を開始することができます前に、数年を待ちたくないかもしれません。あなたはかなり早く新しいキャリアに移行したい場合は、追加の準備や教育の多くを必要としないものを探してください。

過去の仕事経験やスキル、特技を活かす

積み上げてきた経験の中で、良い点があると思います。”自分の経験が転職したら何の役に立つのか?”と考えているかもしれません。2つの言葉があります。スキルです。これは、ある種類の仕事をすることで身につけた才能や能力のことで、別の仕事で使えるものです。キャリアによっては、正式なトレーニングの代わりにスキルを使用できる場合もあります。

追加の学校教育を必要とする職業と、移 転可能なスキルを活用できる職業のどちらかを選ぶ際には、後者を選ぶとよいでしょう。その方が、時間、エネルギー、お金の支出を制限したいと思うかもしれない年齢に、より早く、より少ない労力で移行することができます。だからと言って、正式な準備が必要な職業を選んではいけないというわけではありませんが、選択肢があるのは良いことです。

現役コンサルタントの転職支援数、No1!【アクシスコンサルティング】

転職の際は、仕事の情報を集める

教育要件に関する事実を得ることに加えて、職務、選択したポジションの経済見通し、および中央値の収入についても学びましょう。
転職サイトでは、様々な求人情報やその他の関連情報を十分に見つけることができます。

すべてのデータを集めたら、どの職業が最も適しているかを決定するためにそれを評価します。仕事の内容を比較して、どれが好きでどれが苦手なのかを決めましょう。もし、自分にはできそうにない仕事があれば、その仕事をリストから外しましょう。

その仕事の給料があなたの出費をカバーしてくれるかどうか、貯金に貢献できるかどうか、旅行など自分の好きなことをすることができるかどうかを確認しましょう。仕事を得るための能力が制限される場合は、別の職業の方が良い選択になるので、仕事の見通しも考慮しなければなりません。

★ お気に入り追加