3分以内で頭が良いかどうかを見分ける方法とは?周りの知能指数が高く本当に賢い人が分かる!

賢い人ビジネス

知性の複雑さや何が誰かを賢くするのかを議論するためにここにいるわけではありませんから、それはもうおしまいにしましょう。

「IQ」のようなものが 議論の的になっているのは知っています。また、知性には様々な定義があることも知っています。そう、現在の知能を測る方法は変える必要があります。

しかし、自分自身をバカにしないでください。人によっては、他の人よりも賢い人もいます。そして、時には、その人が賢いかどうかを見極める必要があります。

もしかしたら、私たちはビジネスオーナーであり、頭の切れる人を雇う必要があるのかもしれません。

健康を維持するために、最高のそして最も賢い医者を探している。または子供が自分のスキルを磨くのを助けるために、素晴らしい家庭教師を探しているなど。

我々は相手の賢い頭、様々なスキルを持っている人、知識が多い人を経営が良くなるために雇いたいと思っています。

どのようにして時間効率の良い方法で頭の良い人を見つけることができるのでしょうか?

この答えは最も論理的な意味を持つだけでなく、常識的な観点からも経験的な観点からも有効です。

「賢い人もいれば 探すべき手がかりも違います」
十分な評価を与えるために、謙虚さの要素が含まれています。

賢い人の特徴

異なった賢い人々は、探し出すべき異なる手掛かりがあります。

口頭で挑戦するのが最も難しい(相手は意見を持っているかもしれませんが、それは純粋に事実とロジックから派生しています)。
最も静か(相手は非常に密接に、注意深く聞いている – 複雑に深く思考が実行されています)。
最も観察力がある(小さなことこそが、見るべき大きなことである-神は細部に宿っています)。
質問するのが一番早い(そして答えるのが一番難しい)。
最も遠慮がちですが、恥ずかしがり屋ではありません(常に考え、聞いて、思考を処理しているので、時間を無駄にするのではなく、相手のコメントを仮定し、フィルタリングを解除するよりも時間をかけて考えてる)。
最も反応が少ない(相手は何を期待し、驚かないようにするために知っているので)。
説得するのは難しい(無限に反論)。
質問に最もオープンで、間違って証明されている(真実はすべてのものの上にある。1つの自我を含む)。
最も論理的に重要な。
最も退屈して見ている(退屈していない、ちょうど他のことを考えている)。
ほとんどのつまらない
最も直接的な(失礼でない)。
最も密かに気配り(最大の指標)。
最も好奇心旺盛(多動ではない)。
最も冷静でコントロールされた(合理性は頭を冷静に保つ)。
最も理解不能(一部の知性は非常に優れており、適切な状況下であれば、相手は理解されるにはあまりにも知的)
最も非正統派(横方向の思考はしばしば知的優位性を証明する)。
最も包容力がある(オープンマインド)。
最も言語的に激しい人。
最も間抜けに見える人(状況証拠-表紙で本を判断してはいけない)。
最も印象的でない人(多くの人が感銘を受けていないものに感銘を受けており、その逆もまた然り)。
少なくとも外見的に印象的な(思考が深く実行されます、他の人の印象を気にしない)

もちろん、これらはいくつかの特徴である。

部屋の中で最も賢い人は、性格、見解、生い立ちなどに主観的に左右されるので、22個すべてを表示する必要はありません。

リストは網羅的ではありません。また、例外もあります。

最も賢い人は、最も知識が豊富な人と混同されるべきではありません。この2つの特徴は、しばしば手を取り合っているが、お互いに独立しています。

そして、賢い人は自分のことを賢いとは思っていないことが多いです。

解明しなければならないことがたくさんあるので、それに取り掛かりましょう。
回答には二つの理由がある。(1)それが書かれている謙虚さ、(2)その主張の背後にあると思われる真実性。

最も重要なことは、彼は謙虚でオープンマインドであるということです。これもまた、これから分かるように、頭のいい人に共通する特徴です。

答えの本質に入ります。その理由は次のとおりです。

それは主観的な経験を映し出すからです。
作家は自分のことを「この部屋で一番賢い人」とは思っていません。謙虚に考えれば、作家は自分が比較的聡明だと思っています。彼はかなり良い教育を受けていて、I.Q.テストで95%前後のスコアを出しています。自慢話ではなく、観察に独自の視点を持っている可能性を示すために言っているだけです。

彼の人生の中で、上記のような業績のために、彼は信じられないほど頭の良い人たちに囲まれてきました。その中の何人かは彼の友人だと思っています。

相手は頭が良くて、静かで包容力があり、尊敬の念を持っていて、控えめで反応がなく、好奇心旺盛でオープンマインド、謙虚で控えめなのです。まじめにコツコツと努力家で時間を無駄にしません。常に頭を使う作業をして、脳を活性化させて頭が良くなり続けています。

だから、作家には頭がいい人が多いです。

実際、この著者自身の頭の良い人たちとの主観的な経験は、言うところの「頭の良い人」とほぼ一致しています。これは経験的な証拠ではありませんが、非常に強力なものです。

著者は高いI.Q.に関連している「イントロバージョン」について述べています。
リストを読み通すと、ほとんどすべての行が内向的な人に当てはまることに気づきます。

なぜそれが重要なのでしょうか?

なぜなら、内向性と高い知能の間には直接的なつながりがあるからです。大学の研究者によって実施された研究では、研究者たちは導入部で「相手は衝動的ではなく、物事を考え抜く傾向があるので、内向的な人は、相手の計算された分析的素質のために、より高いI.Q.スコアを示すことがあります(指摘されている)」と述べています。頭がいい人ほど大人しい人が多く、考えてから物事を話します。

分析には59人の女子大学生が含まれていました。41人が外向的な人、18人が内向的な人としてテストされました。内向的なグループは、外向的なグループよりも「I.Q.のスコアが有意に高かった」のです。

他の複数の研究でも、内向的な人の方が(一般的に)頭が良いという結論に達しています。

それは賢い人々の特徴である謙虚さの要素を含んでいる。
ほとんどのスマートな人々は、謙虚さの空気を示し、そうでないものは、とにかく、自分と関連付けるためにスマートな人々ではありません。自分自身と他の人の知性に向かってスマートな人の態度を代表する2つの優れた引用符が含まれています。

“私は何も知らないことを知っているので、私は知的だと知っている。” – ソクラテス

それを裏付ける名言がある

“学べば学ぶほど 自分の知らないことに気づく” – アルバート・アインシュタイン

ソクラテスについて、付け加えます。

“ソクラテスの引用の解剖;ソクラテスは、より多くの自分が知っていることを述べています – 自分が知らないことのより多くの認識は、自分の心が理解することができるだけの量があることを実現し、それ故に、逆説的に知的な人々は相手の限界を理解し、したがって謙虚に相手は知識がないことを認めていることを述べている… ”

頭の良い人の特徴として、オープンマインド、好奇心、遠慮、静かさが含まれていることにも注目すべきでしょう。このような特徴は、謙虚さと関連していることが多いです。

また、洞察をより強固なものにすることができます。私たちは謙虚さと内向的な性格を結びつけることが多いのですが、これまでに示したように、謙虚さはより高い知性と結びついているのです。

それはセンスを作る。
ほぼ完全に意味があります。良い心:それは重要な要素であると信じているものが欠けているので、ほとんどと言う。心の知能は本物であり、重要なものです。

23番目の項目を追加してみてはいかがでしょうか?簡潔に言いましょう “相手は良い心を持っています”

賢い人を見極める上での考え
部屋の中で一番頭のいい人を見つけたら、その人の心を確かめましょう。


★ お気に入り追加