肥満が原因でなる様々な病気とは?太っていることでなる健康リスク!

太る病気ダイエット

肥満とは、ボディマス指数(BMI)が30以上であることを意味する用語です。
次のような状態になる可能性が高くなります。

肥満でなる病気とは?

心臓病と脳卒中
高血圧
糖尿病
一部のがん
胆嚢疾患と胆石
変形性関節症
痛風
睡眠時無呼吸と喘息

肥満の人全員がこれらの問題を抱えているわけではありません。これらの条件のいずれかの家族がなっているなど遺伝がある場合、リスクが高くなります。

また、体重がどこにあるかは重要かもしれません。それがお腹の周り(リンゴの形)の場合は、「ナシ」の形の場合よりもリスクが高い可能性があります。つまり、余分な体重はお尻とお尻の周りにあることがほとんどです。



心臓病と脳卒中がリスクが高まる

体重が増えると、高血圧や高コレステロールになる可能性が高くなります。これらの状態はどちらも、心臓病や脳卒中の可能性を高めます。

少量の体重を減らすと、心臓病や脳卒中を発症する可能性を減らすことができます。さらに体重を減らすと、リスクがさらに低下することが分かっています。

肥満による2型糖尿病

2型糖尿病の人のほとんどは、太りすぎまたは肥満です。発症のリスク削減することができ、2型糖尿病をすることによって体重を失うこと、バランスの取れた食事を食べ、十分な睡眠をとり、運動をして下さい。

2型糖尿病の場合は、体重を減らして身体活動を活発にすることで、血糖値をコントロールできます。
よりアクティブになることはまた、糖尿病薬の必要性を減らします。



太っていると癌になる可能性

結腸、乳房(閉経後)、子宮内膜(子宮内膜)、腎臓、および食道のがんは肥満と関連しています。
いくつかの研究では、肥満と胆嚢、卵巣、膵臓の癌との関連も報告されています。

体重の減量で胆嚢疾患

過体重の場合、胆嚢疾患と胆石がより一般的です。

減量で特に急激な減量や大量の減量は、胆石を発症する可能性をかなり高めます。
週に少しの割合で徐々に体重を減らすことは、胆石を引き起こす可能性が低くなります。

太っていると変形性関節症になりやすい

変形性関節症は、膝、腰、または背中を冒すことが最も多い一般的な関節の状態です。余分な体重を運ぶと、これらの関節に余分な圧力がかかり、通常は関節を保護している軟骨(関節を緩衝する組織)がすり減ります。

減量は、膝、腰、腰のストレスを緩和し、変形性関節症の症状を改善する可能性があります。

太っていると痛風になりやすい

痛風は関節に影響を与える病気です。血液中の尿酸が多すぎると起こります。余分な尿酸は、関節に沈着する結晶を形成する可能性があります。

痛風は太りすぎの人によく見られます。体重が多いほど、痛風にかかる可能性が高くなります。

短期的には、突然の体重変化が痛風の再燃につながる可能性があります。痛風の病歴がある場合は、体重を減らすための最良の方法について医師に確認してください。

体重が重いと睡眠時無呼吸

睡眠時無呼吸は、過体重になることに関連する呼吸状態です。

睡眠時無呼吸は、人に激しいいびきをかかせたり、睡眠中に一時的に呼吸を停止させたりすることがあります。睡眠時無呼吸は、昼間の眠気を引き起こし、心臓病や脳卒中を起こしやすくします。
減量はしばしば睡眠時無呼吸を改善します。

以上、肥満による様々な健康に悪影響を及ぼします。ジムや運動、食生活の見直しなど、健康や美容の為にもダイエットをおすすめします。



★ お気に入り追加