Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

お腹の脂肪を減量して減らすダイエット方法

 

血糖値をより効果的にコントロールできるダイエット法です。

ビーガンダイエットを行うことで、体重減少が加速し、有害なお腹の脂肪が減ることが、新しい調査で示唆されました。

植物性のヴィーガン食を16週間続けた人は、脂肪量とお腹の脂肪の減量に成功しました。

食物繊維の摂取が最も重要な要素であると調査者は考えています。

植物性の食事には、腸内の健康な細菌を増やすのに役立つ繊維が豊富に含まれています。

この調査では、150人の太り気味の人を対象に、16週間、菜食主義の食事をする群と、何もしない群に無作為に分けました。

その結果、菜食主義者は体重を大幅に減らすことができました。

また、ビーガン食は、血糖値をより効果的にコントロールするのに役立ちました。

16週間の低脂肪ビーガン食介入により、過体重の成人の体重、体組成、インスリン感受性の変化に関連する腸内細菌叢の変化が誘発されました。



また、この食事は、腸内の健康状態を高めました。

腸内の重要な健康細菌がより多く存在する人は、より多くの体重を失った。

菜食主義の食事が高める細菌などがあります。

植物性の食事は、体重管理や糖尿病の予防・治療に有効であることが示されている。

植物性の食事が、体重減少、脂肪量と内臓脂肪量の減少、インスリン感受性の増加に関連する腸内細菌叢の変化を誘発することを実証しました。

繊維は減量と健康な腸の鍵です。

腸内マイクロバイオーム組成の主な変化は、食物繊維を餌とする短鎖脂肪酸産生菌の相対的な含有量の増加によるものであった。

したがって、食物繊維を多く含むことが、観察された変化には不可欠であると思われます。

プロ大絶賛の自宅ランニングマシン!【家庭用ルームランナー販売店】

タイトルとURLをコピーしました