Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

筋肉を維持するために必要なビタミンとは?

 

このビタミンを多く含む食品は、筋肉量を向上させ、加齢による筋肉の減少を防ぎます。

筋肉量が最も多い人は、ビタミンCをたくさん摂っている傾向にあることが調査で明らかになりました。

ビタミンCは、赤ピーマンやブロッコリーなどの野菜、オレンジなどの柑橘類、ベリー類、メロン、キウイなどに多く含まれています。

ビタミンCは、年齢を重ねるごとに、特に50歳以上になると、筋肉を作り、それを維持するのに重要な役割を果たします。

高齢者では骨格筋量が減少し、サルコペニアと呼ばれる状態になることがよくあります。

サルコペニアや筋肉の衰えは、30代の人や運動不足の人にも起こり得ます。

症状としては、筋肉の大きさや機能の低下、脱力感、動作の困難さ、バランスの悪さ、そして生活の質の低下などが挙げられます。

人は年齢を重ねるごとに、骨格筋量や筋力が低下していきます。

50歳以上の人は、毎年、骨格筋量の最大1%を失っており、この減少は世界中で5,000万人以上に影響を与えていると考えられています。

虚弱体質や、サルコペニア、身体障害、2型糖尿病、生活の質の低下、死亡などの予後不良につながる可能性があり、大きな問題です。

ビタミンCの摂取が骨格筋量と関連することがわかっています。

ビタミンCは、身体を構成する細胞や組織を、有害なフリーラジカルから守る働きがあります。

置き換えダイエットの新常識 Bee up Style

このフリーラジカルに対抗できなければ、筋肉の破壊につながり、加齢による衰えを早めることになります。

しかし、これまで、高齢者のビタミンC摂取の重要性を調査した調査はほとんどありませんでした。

ビタミンCを多く摂取している人が、他の人よりも筋肉量が多いかどうかを調べました。
調査に参加した成人13,000人のデータを分析。

参加者の骨格筋量を算出するとともに、血中ビタミンC濃度を検査し、7日間の食事記録からビタミンCの摂取量を推定しました。

高齢者を対象に調査したところ、食事や血液中のビタミンCの量が多い人は、少ない人に比べて推定骨格筋量が多いことがわかりました。

今回の結果は、食事から摂取したビタミンCが高齢者の筋肉の健康に重要であり、加齢に伴う筋肉の減少を防ぐのに有用であることを示唆しており、私たちは非常に期待しています。

特に、ビタミンCは野菜や果物、あるいはサプリメントなどで簡単に入手できるため、摂取量を増やすことは比較的容易です。

必要なだけのビタミンCを摂取していないことを発見しました。オレンジなどの柑橘類を毎日1個食べ、食事の際に野菜を添えれば、ほとんどの人にとって十分です。

ヘルシーでおいしい!冷凍弁当ではじめる健康食生活[タイヘイのヘルシー御膳]

タイトルとURLをコピーしました