Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

体重が減らない典型的な理由とは?

 

この減量の壁が、体重を特に減らすことを難しくしています。

自分の感情に合わせて食事をする人は、体重を減らすのが特に難しいという結果が出ています。

感情的に食べる人は、次のような発言に同意することが多い。

孤独を感じると、食べることで自分を慰める。
ダイエット中に、食べてはいけないものを食べると、ついつい他の高カロリーなものを食べてしまう。
対照的に、主に外的要因(お祭り騒ぎなど)に反応して食べる人は、体重を減らし、それを維持することが容易であることがわかります。

感情的な食事のサイクルを断ち切るには、食事のきっかけとなる感情や状況を特定し、その習慣を変える必要があります。

多くの心理学者が推奨する方法は、認知療法、マインドフルネス、問題解決法などです。

孤独を感じると、食べることで自分を慰めるなど、思考や感情に反応して食べることを報告する人ほど、行動的減量プログラムでの体重減少が少ないことがわかりました。

さらに、減量に成功した人の中でも、感情的に食べると報告した人は、体重が戻る可能性が高いのです。

言い換えれば、感情的に食べる人は、減量後に体重が戻ってしまう可能性が高いということです。

行動的減量プログラムの参加者は、平均で体重の10%を減量し、この減量は大きな健康上のメリットをもたらします。

残念ながら、参加者の大半は3年から5年以内にベースラインの体重に戻ってしまいます。

理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

この結論は、体重を減らそうとしている何千人もの人々を調査した調査から得られたものです。

その結果、人々の食事がどのようにして引き起こされるかが重要であることがわかりました。

ある人は外的な出来事が引き金となり、別の人は内的な出来事が引き金となります。

内的事象とは、思考や感情などで、一般的には「感情的に食べる人」として知られています。

感情的に食べる人は、体重を減らすのが難しく、後になってまた体重を増やす傾向がありました。

感情や考えによって引き起こされる食事が減量に重要な役割を果たしていることを示唆しています。

感情的な食事のパターンは、子供の頃に学習することが多いです。

ご褒美に甘いものを与えられた子供は、大人になってもこの習慣を続けてしまいます。

感情的な食事の問題点は、食べる喜びが終わっても、感情的な空腹感が残ることです。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

タイトルとURLをコピーしました