Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

減量への最も一般的なダイエット障壁と痩せない原因は?

 

減量のための共通の障壁を理解するための3つの方法。

減量の最大の障壁は、実は心理的なものであるという調査結果が出ました。

9割の人はこれを推測せず、代わりに食事や運動を挙げています。

しかし、食べることには感情的な要素があり、減量を達成・維持するためには心理的な幸福感が重要です。

過食の原因を理解することは、減量の鍵となります。

人は頻繁に食べ物に感情的なつながりを持っています。過食の本当の原因はこれなのです。
調査では、減量を阻む最大の障壁について尋ねました。

その結果、次のようなことがわかりました。

26%が減量の最大の障壁は栄養不足だと考えていました。
31%が運動不足と答えました。
17%は健康になるにはお金がかかりすぎると考えていた。
12%は時間がないと答えました。

減量のために精神的な健康が重要であると考えたのは、わずか10%でした。

ほとんどの人は、食事や運動など、減量の物理的な側面にほぼ集中しています。

しかし、食事には感情的な要素があり、大多数の人が見落としており、それが努力をすぐに妨げてしまうのです。

人は自分を慰めるために食べ物を使うことが多く、それが過食につながります。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

意識していてもいなくても、私たちは食べ物を栄養補給のためだけでなく、慰めのためにも使うように仕向けられています。

それを認識し、適切に対処する限り、必ずしも悪いことではありません。

感情的な食事を理解するための3つの方法を挙げています。

毎日、気分と食事の記録をつける。特定の気分の時に特定の食べ物を食べるなどのパターンを探す。
どのような食べ物が気分を良くするのかを特定する。それは記憶を呼び覚ますためなのか、それともストレスから食べているのか。
食べる前に、「これが必要なのはお腹が空いているからなのか、それとも他の原因(ストレスなど)なのか」を考えてみましょう。

ストレスであれば、食べ物で対処することはできません。

料金表|女性専用パーソナルトレーニングジム【CREBIQ】

タイトルとURLをコピーしました