暑い日に赤ちゃんを涼しく保つ方法とは?子供も気温が高くなる夏は、熱中症予防対策!

熱中症予防対策教育

気温の上昇がこの8月を通して影響を与えています。

夏は、気温が高く、猛暑が続いて、暑さに苦しんでいますが、赤ちゃんは最も苦しむ危険にさらされています。
子供が亡くなる事故も多いですので、車の中など注意が必要です。

いくつかの地域で最高気温が37度になったりしています。暑い時期は対策をして、健康に保つことが重要です。

赤ちゃんは熱くなりすぎると発病する可能性があり、大人や年長の子供ができるように体はそれ自体を調整することができません。

子供や赤ちゃんも熱中症対策予防

非常に暑い時期には、赤ちゃんや幼児が病気になる可能性があります。健康に深刻な影響を与えます。

・脱水
・熱中症
・日焼け

この猛暑の中で赤ちゃんと子供を幸せに保つためのいくつかの素晴らしいアドバイスをご紹介します。

赤ちゃんを涼しく保つ

太陽の損傷は赤ちゃんにとって非常に危険な場合があります。

熱波の赤ちゃん

大人のように体を調整できないため、子供を涼しく保つことが不可欠です。

・直射日光を避けてください
6か月未満の赤ちゃんは常に直射日光を避けてください。子供は過熱するため非常に危険です。

人生のこの段階では、皮膚にはメラニンが少なすぎます。
メラニンは、皮膚、髪、目の色を与え、太陽からの保護を提供する色素です。

直射日光が当たる必要がある場合は、少なくとも50spfの日焼け止めクリームを使用してください。

水分を必ず補給してください

完全に母乳で育てられた赤ちゃんは、固形食物を食べ始めるまで水を必要としません。

暑い時期には、いつもよりも母乳で育てたいと思うかもしれません。

哺乳瓶だけでなく通常の授乳もしている場合は、赤ちゃんに少し冷やしたお湯を与えることができます。

固形食品の導入を開始したら、食事とともにカップまたはビーカーから赤ちゃんに水を与えます。

暑い日には、食事時間外に追加の水を提供する必要があるかもしれません。

部屋を涼しく保つ

保育園の温度計は、赤ちゃんの部屋の温度を監視するのに役立ちます。

赤ちゃんは、部屋の温度が16〜20度のときに最も快適に眠ります。

涼しい温度を維持することは制御不能になる可能性があるため、ナイトウェアと寝具を最小限に抑えます。

夜間に赤ちゃんが蹴ったりカバーを押し出したりする場合は、しっかりと固定された1枚のシートでおむつに入れて、夜間に緩んだり顔を覆ったり、絡まったりしないようにしてください。

暑い気候:日本では長年にわたって気温が上昇しています

プールも涼しく保つのに最適な方法です。

浅いプールを庭の日陰に置き、子供が常に監視されるようにしてください。

水で簡単に洗い流せるので、日焼け止めクリームも定期的に再塗布してください。
水分補給と静かな環境を作り、めまいや体調の変化に気づくようにしましょう。

★ お気に入り追加