生後6ヶ月未満の赤ちゃんに水を与えることが危険な理由とは?健康問題や死に至る可能性も!

赤ちゃん教育

暑い日に水を飲まない生活は想像に難くありませんが、赤ちゃんが小さいうちは水を必要としているのでしょうか?

赤ちゃんに水を飲ませるのは、生後6ヶ月になってからにすべきだということがわかりました。

赤ちゃんの水分補給は母乳だけで十分

赤ちゃんに水を飲ませることはとても難しい問題ですが、赤ちゃんの安全を守るためにも、しっかりと調べておいた方が良いでしょう。

赤ちゃんの食事に水を加えることの医学的な側面を見てきましたが、小児科医が小さなお子さんを持つ親御さんに与えている基本的な推奨事項をご紹介します。赤ちゃんの水分補給は母乳だけで十分です。

まず理解しておきたいのは、成長期の子どもの体が必要とする脂肪やタンパク質、糖分、ミネラルなどの重要な成分の供給源である一方で、母乳は80%以上が水分であるということです。

暑くても赤ちゃんの喉の渇きを十分に満たしてくれます。

そのため、赤ちゃんは母乳を飲むたびに、基本的に必要な栄養素がすべて含まれた水を手に入れていることになります。 乳児用の粉ミルクを与えている場合は、赤ちゃんにも十分な水分が与えられます。

しかし、注意が必要なのは、乳児用のミルクは水で薄めてはいけないということです。そうしないと、子どもの成長と発達に必要なカロリーや栄養素をすべて摂ることができなくなります。

世界保健機関(WHO)によると、赤ちゃんは生後6ヶ月間は水を必要としないとのことです。
小児科医は、生後6ヶ月から12ヶ月の間は水を与えても安全だと考えています。
しかし、赤ちゃんが水を飲むことにあまり興味を示さなくても驚かないでください。

6ヶ月前の赤ちゃんに水を与えることが危険な理由

生後6ヶ月未満の赤ちゃんに水を与えると、母乳を飲む量が減り、カロリーや栄養素の摂取量が減るため、栄養失調を引き起こすことがあります。

さらに、幼い赤ちゃんに水や水で薄めた粉ミルクを与えると、水中毒を引き起こす可能性があり、深刻な健康問題や死に至る可能性もあります。

子供に与えられる水が清潔でない場合には、感染症につながることもあります。残念ながら、親が水を減らせば粉ミルクの量を伸ばせると思い込んでいるケースもありますが、それは子供の命を危険にさらすことになります。

正しい授乳方法がわからない、その他子育てに関する疑問がある場合は、赤ちゃんを診てくれる小児科医に相談し、疑問点をすべて答えてもらうのが一番です。

★ お気に入り追加