幼児から小学生まで。マスクの着用について子供に話しかける方法とは?コロナ感染予防対策!

子供マスク教育

専門家によると、親がマスクをきちんと着用することは、子供が同じことをすることにおいて大事な1つの方法です。

医療専門家は、新型コロナウイルスの感染拡大を遅らせるために、社会的または物理的な距離を置き、手洗いをするとともに、マスクを着用することを推奨しています。

両親がその行動、必ずマスクを着用していれば、あらゆる年齢の子どもたちがマスク着用を受け入れる可能性が高くなります。
子どもたちが大きくなるにつれて、コロナウイルスに関する情報をより透明性のあるものにすることができます。

コロナ対策で子供にマスクを着用させる

子供の不安レベルを観察し、子供の個々のニーズと年齢に基づいて会話を調整することが重要です。
ほとんどの大人は、新型コロナウイルスの拡散を防ぐためにフェイスマスクを着用する必要性と、その効果が証明されているいくつかの研究の背後にある科学を理解しています。

しかし、パンデミック中にマスクを着用することの重要性を子供たちに理解してもらうには、子供の年齢に応じて独自の課題があります。
ここでは、コロナウイルスの危機の間、自分自身と他の人の安全を守る方法を理解させるために、様々な年齢の子供たちにマスク着用の話題に親がどのようにアプローチすべきかを専門家がアドバイスしている。

子供も大人もマスク着用に慣れる必要があることを認識しています。
ほとんどのものがそうであるように、快適さは時間が経てば徐々に増していきます。

ジーンズを例に考えてみてください。
子供たちが定期的に履けるようになるまでの時間を作ることを提案しています。

また、それはあなたが個々の年齢層やニーズを満たすためにマスクについて使用する言葉をカスタマイズすることが重要であると述べた。

幼児に話す 2〜4歳児のために、親が行うことができる最も重要なことは、マスク自身を着用していると言います。
すべての幼児は異なっているが、大半は他の人がやっているようにしたいと思います。特にそれらは最も気にしています。

お母さん、お父さん、兄弟がマスクを着用している場合、マスクを着用したいと幼児は思います。

幼児や就学前の子供たちのために、マスクの着用は、楽しいゲームに作られるべきです。幼児のためのマスクはカラフルで、認識するものに関連している必要があります。

例としては、愛する本やテレビ番組から動物のプリントや文字かもしれません。幼児のために、マスクはまた、感情的な知性は今、幼稚園のカリキュラムの一部であるとして、顔の表情を表すことができます。

この年齢の子供たちが笑顔としかめっ面、あるいは動物の顔のように見えるものを一度それらを置くとマスクとの楽しみを持っていることを示唆しています。この年齢でのアプローチは、お手本を示してリードし、マスクを着用するプロセスをできるだけ楽しく快適にすることです。

しかし、子供がマスクを許容していない場合は、自分自身に休憩を与えることです。この年齢で行うことができます。最悪のことは、権力闘争に身に着けているマスクを回すことです。幼児はマスクを着ての恐怖や恐れているようであれば、マスクを着て他の子供たちの写真を見せて、着色している文字にマスクを描いたり、お気に入りのぬいぐるみにマスクを置くことを示唆しています。

自宅でマスクを着用する必要はありませんが、子供は大人の真似をよくします。親も外出する際は、コロナウイルス感染予防の為にマスクを着用して帰宅したら、手を洗うように心がけましょう。

★ お気に入り追加