新型コロナウイルス感染拡大で子供の間でどのように広がるのか?子供のコロナ感染危険度は?

新型コロナウイルス教育

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が2019年12月に噴出して以来、子供が感染する可能性があるかどうか、または感染するだろうかどうかについての憶測が高まりました。

その時以来、科学者と医師は、ほとんどの場合、軽いか、または症状がないが、子供はCOVID-19(SARS-CoV-2感染によって引き起こされる病気)を得ることができ、そして行うことができると決定しました。

新型コロナウイルスの子供への感染について

子供は大人ほど新型コロナウイルス(COVID-19)にかからない傾向にありますが、病気の原因となるウイルスを広める可能性があります。さらなる研究が必要ですが、現在のデータによると、子どものコロナウイルス感染は大人よりも少ないかもしれません。それでも、感染やコロナ感染のリスクを減らすために、子どもも大人もできる予防策があります。

10歳未満の子どものコロナウイルス感染はかなり少ない 韓国の研究10歳未満の子供のコロナウイルス感染は、大人の感染よりもかなり低いとのことです。

研究では、学校の閉鎖や社会的な距離感がこれらの低い感染率に寄与していると指摘しています。
また、子どもは新型コロナウイルス(COVID-19)の症状がないか、または軽度であることが多いため、咳が弱く、咳の回数が少ないため、空気中への感染粒子の放出が少ないという説もあります。

さらに、小さな子供は、大人と接触する前に放出された感染粒子が地面に落ちてしまうため、大人よりもコロナウイルスの感染率が低いと考えられています。

10歳以上の子供のコロナウイルス感染は大人と同じです。韓国の研究によると、10歳から19歳までの子供のコロナウイルス感染は、大人と同じようなものでした。

中高生の子供たちのための研究では、このグループは、大人よりも他の人に感染する可能性がさらに高いことがわかりましたが、なぜこれが起こるかの明確な証拠はありません。

一つの推測としては、これらの子供たちは大人に近い、または大人と同じ大きさであるため、感染性粒子を人から人へより直接的に送信することができるということです。さらに、コロナウイルスの感染を防ぐための衛生的な習慣を大人よりも守らない傾向があるのではないかと考えられます。

コロナウイルスの感染は、地域社会での広がりが少なければ、子どもたちの感染は少ないかもしれません。今後、子どものコロナウイルス感染が増えることが懸念されています。

しかし、データによると、コミュニティ感染のレベルが低い地域では、検査や追跡能力の向上と相まって、学校でのアウトブレイクは発生していないとのことです。

しかし、地域社会での感染が広く、検査が不十分で、接触の追跡能力が限られている状況では、さらなる感染拡大のリスクが高まります。子どもから大人や他の子どもへ、あるいは大人から子どもへの感染が拡大するかどうかは、完全には明らかになっていません。

コロナウイルスの広がり方を防ぐためには、個人の衛生管理が依然として重要です。コロナウイルスの大流行が始まって以来、疾病対策予防センターは、石鹸と水を使って一日に数回手を洗うように助言してきました。

効果的な手洗いは、手のひらで石鹸を泡立ててから、手の甲、指の間、爪の下などをこすりながら、最低20秒は手を洗うことです。手洗いができない場合は、アルコール系の手指消毒剤を塗ると効果的ですが、手洗いが一番です。

2歳以上の子どもは、公共の場ではマスクを着用してください。2歳以上の子どもが社会的距離をとる練習ができない場合は、常に鼻と口の上にマスクを着用するべきである。

マスクは、子供が周囲に放出する呼吸器の飛沫の量を制限するのに役立ちます。しかし、すべてのマスクが同じように機能するわけではありません。

2020年8月大学の研究によると、外科用(使い捨て)マスクは飛沫を保持するのに効果的です。ポリエステルと綿で作られた布製のマスクも優れた保護効果を発揮しますが、綿だけのマスクもあります。

一般的にネックフリースやバンダナは、呼吸器の分泌物を保持するのにはあまり効果的ではありません。

子供が洗えるマスクを着用している場合は、使用の合間に洗濯してください。手術用マスクの場合は、使い捨てのマスクを新しいものと頻繁に交換する。 触りやすい表面をこまめに掃除し、消毒する。あらゆる年齢の子どもたちは毎日多くのものに触れています。しかし残念なことに、これは細菌やバクテリアを感染させる主な方法の一つでもあります。

そのため、ドアノブ、ライトスイッチ、リモコン、テーブル、椅子、バスルーム、おもちゃ、車のドア、チャイルドシートなど、日常的に触れるものは、少なくとも一日に一度は掃除をし、消毒することが重要です。

学校では、教師や管理人は、授業の合間に机、椅子、ドアノブ、本、バスルーム、体育館の備品などを掃除し、消毒しなければならない。 布製のマスクやその他の柔らかい表面のものは、こまめに洗う。布マスクを雑菌に侵されないようにするために、布マスクは毎日清潔に保ちましょう。

★ お気に入り追加