親が子供に教えるべき5つのソーシャルスキルとは?人生に不可欠な優れた社会的スキル!

ソーシャルスキル教育

優れた社会的スキルは、人生において不可欠です。親として、それは自分の子供がどのようにコミュニケーションを取り、繁栄する方法を教える自分の責任です。自分が自分の子供に教えるスキルは、相手が年齢を重ねるにつれて継続的に洗練されなければなりません。

誰もが社会性を持っていますが、自分は常に相手の能力を教育し、強化するためにそれらの小さな瞬間を探してください。

残念なことに、すべての社会的なスキルは、マスターするのが非常に簡単なものではありません。

自分の子供がいじめの被害者である場合、相手はこれらの複雑な状況を処理する方法を知っている必要があります。

相手はいじめられているときに自分自身のために立ち上がるために知っている必要がありますが、相手はまた、教師がそれらを叱責するときに沈黙する方法を知っておく必要があります。

子育ては、社会的な素養を教える必要があります
お子さんが優れた社会性を身につけていれば、長続きする関係を築くのに問題はありません。

安定した交友関係を持つことは、お子さんの精神的な健康にも適していますし、紛争解決の方法を知っている傾向があります。幼稚園に通うことで、お子さんの社会性がそれなりのレベルになることを目標にしましょう。

ある研究では、すでに社会的妥当性に精通しているこれらの子供たちは、一般的に相手が大人になったときに成功しているものであることが示されました。

すべての親は、よく発達した子供を育てたいと思っています。自分の子供が学齢に達すると、相手はルールを守る方法を知っている、教師に協力し、仲間と共有することができます。

また、大学で行われた研究によると、5歳までに社会性に優れた子供は、20代半ばになるまでに大学に進学し、素晴らしい仕事に就く可能性が高いことがわかりました。

その一方で、社会的に無能な子供たちは、しばしば薬物乱用や人間関係の問題を抱えており、法的な問題もかなりの割合で発生しています。さらに、研究では、これらの子供たちは生活保護を受けている可能性が高いことがわかりました。

5つの社会的スキルとは?

5つの社会的スキルは、すべての子供が今日の世界で生き抜くために学ばなければなりません。

子供が他の人と交流するための適切なスキルを持っていない場合、それは信じられないほどのストレスになります。それは相手に負担をかけ、相手のコミュニケーションスキルは問題を悪化させます。

さらに、研究によると、子供が社交的になる方法を知っている場合、これらのスキルを持っていない子供よりもコルチゾールのレベルが低いことが示されています。ストレスは子供の健康にも大きな影響を与えます。

ありがたいことに、子どもに適切な社交の仕方を教えることができ、多少遅れていても、追いつくことができます。

もしかすると、子供はすでに社交的な蝶のような存在で、スキルを磨く必要があるのかもしれません。

どのような社会的スキルを教えたり、子供と一緒に磨いたりすべきか悩んでいるのであれば、ここでお勧めの方法をご紹介します。

1.指示に従う

指示に従うことは、幼児から教える必要がある1つのスキルです。子供たちは、相手が学齢期に達するまでにこのスキルを開発していない場合は、結果は強烈なことができます。

たとえば、相手は先生に耳を傾け、命令に従うことができない場合、相手は可能性が高い、相手がする必要があるものを逃してしまう、不行儀な、と校長室である。

自分の子供は、ベッドメイキングのような簡単な指示を取ることができなければなりませんし、相手はまた、相手の野球の試合を向上させるためのヒントのような訓練可能な指示を受け入れる必要があります。親として、正しい指示の出し方を学ぶ必要があります。

子供に長いリストを教えても、子供は混乱するだけかもしれません。それは相手に一度に1つのタスクを与え、相手がそのタスクを完了するまで待ってから、次の項目に移動することをお勧めします。

もう一つの方法は、相手が何かをしたいかどうかを尋ねることは決してありませんが、それは相手にノーと言うチャンスを与えます。

決して”靴を片付けてくれないか?”のような文章を使用しないでください。代わりに、”靴を片付けてください!”のような言い方をしましょう。交渉の余地がないので、質問から期待に変えたのです。命令を出したら、言われたことをもう一度言い返してもらいましょう。

子供は気が散りやすく、衝動的に行動し、記憶力が短いことが多いです。子供の間違いを指摘し、どうすればもっと良い方法があったのかを教えてあげるのが、親としての自分の仕事です。

2.共有

ケチでわがままな子供ほど悪いものはありません。悲しいことに、このような行動をとった子供は、同じようなマナーを持った大人に成長することがよくあります。自分は子供が共有することを学ぶとき、それは相手が形成し、友情を維持するのに役立つことができることを知っていましたか?

年齢3から6までの子供たちは、多くの場合、自然に利己的であるが、それはまだ自分が修正しなければならないことを何かであるとして、自分の幼児にあまりにもハードではありません。

それは相手が戦いに勝った後、相手は相手の兄弟から維持するために戦っていたおもちゃは、その光沢を失うことがよくあります。

お子さんが7~8歳になる頃には、分け合うことを教えられるようになります。自分のことを良いと思っていて、何かを証明する必要がない子どもは、他人と共有することに問題がないことが多いです。

中には、自分を証明する必要があるためにケチをつけてしまい、効果的に自分を表現することができない子どももいます。

親御さん、子供が嫌がっていても共有することを教えてあげてください。褒めることを忘れずに

3.リスニング

子供に何かを伝えるときに、子供がずっと自分のことを話しているのはあまり気持ちの良いものではありません。

コミュニケーション能力を教えるということは、どうやって聞くべきか、どうやって話を吸収するべきかを教えるということです。子供たちが学校に向かうとき、子供たちの成功は聞く力にかかっています。

学業で成功するためには、子供は言われていることを聞き、吸収することを学ばなければなりません。学校を超えて、上司の指示に従う方法を知らなければなりません。また、人間関係において、優れたコミュニケーション能力とリスニング能力を持つことも有益です。

コミュニケーションは、大人になっても鍛えなければならないものです。デジタル時代の生活は、物事をより難しくしています。人々はむしろテキスト、相手の携帯電話の画面を見つめ、または有意義な会話を持っているよりも仮想的に従事するだろう。

親が子供にこれらのスキルを身につけさせるための正しい方法は、一時停止して質問をすることです。例えば、5歳児に本を読み聞かせているときには、途中で立ち止まって、何を学んだのかを聞いてみましょう。何か見逃していることがあれば、その部分を補って本を続けることができます。

さらに、話しているときには、他の人の邪魔をしてはいけないことを教えてあげましょう。自分の番が来るのを待つことは、相手の関心事と同じくらい重要なことなので、常に教えておく必要があります。

自己肯定感アップ!我が子に合った「ほめ方」がわかる!
伝え方コミュニケーション検定

4.個人の境界線を尊重する

個人の境界線は、社会性を身につける上で欠かせないスキルの一つです。生まれつき粘着質な子もいれば、飄々とした子もいます。親が子供に「知らない人には話しかけないように」と言う主な理由の一つは、それが限界を超えてしまうからです。

自分の周りには想像上の泡があり、許可なしには誰もこの泡の中に入ってはいけないということを伝えることで、境界線を作ることができます。

さらに、相手のバブルにも敬意を払わなければなりません。相手はまた、相手が閉じているドアをノックし、常に自分自身に自分の手を保つべきであることを学ぶべきである。

殴ったり、押したり、他人の手から何かを取り出したりするようなことは、結果に値する行動です。

パーソナルスペースは、生涯を通じて大きな問題です。自分の子供が早い段階でこれらの境界線について学ばない場合、相手は成長するにつれて問題を抱えることになります。

自分はおそらく、あまりにも触覚的で、自分を不快にさせる大人を見たことがあるでしょう。これらの人たちは、適切な境界線を学ばなかった人たちであり、相手の幼稚な行動は相手に従ってきたのです。

5.適切なアイコンタクトをとる

目は心の窓であり、人を直視することはコミュニケーションの一部である社交術です。人見知りの人は、話しているときや話しかけられているときにも、隅や床に目を向けてしまいます。

しかし、小学生のうちはそれでなんとかなるかもしれませんが、上司はその行動をあまり評価していないかもしれません。

視線が逸れているのを見るたびに、目線を自分の目線に戻してもらいましょう。人を見ることが大切だということを思い出させてあげてください。

嘘をついていたり、不正行為で捕まったりしたときに、人の目を見ないようにするのは、人々の標準的なトリックです。相手が成長するにつれてアイコンタクトが不可欠であることを相手に奨励します。

子どもに社会性を教える上での考え方
適切に社会化する能力を持つことは、人生の不可欠な部分です。それは親からの余分な補強のビットが必要であり、その後、成熟もその一部を行います。

自分の子供が社会的な合図に従うことができない場合は、そのような自閉症やADHDなど、この背後にあるいくつかの医学的な問題があることの兆候である可能性があります。

一般的に、自分の子供が歩いて話すことができるようになる頃には、それは境界線や社会的に繁栄するための他の方法について教え、訓練を開始する時間です。


★ お気に入り追加