自信と傲慢の違いを心理学で解説!

自信と傲慢教育

心理学による自信と傲慢の違いを説明します

傲慢と自信の間には、共感によってのみ分離された、かなり微妙な線が存在します。傲慢な人は優越感を感じるために常に自分のエゴを主張しなければならないと感じていますが、自信家の人はそれを証明する必要がなくても自分の価値を知っています。傲慢な人は、他人に脅かされていると感じ、自分を守らなければならないと思っているため、自尊心が低いことを示しています。自信のある人は、自分の価値を知っているので、何も示す必要がありません。

“自信”とは自分と自分の能力を信じることであり、”傲慢 “とは他人よりも優れていると思って行動することです。傲慢とは偽りの自信であり、それを示している人は自分の内面の不十分さを過剰に補っていると言えるでしょう”

上の引用文にもあるように、傲慢な態度を示す人は、自分の能力や性格を過大評価していることが多い。自信のある人は、優越感や劣等感を持たず、ニュートラルなアプローチをしています。以下では、我々は2つのより多くの違いを介して行くでしょうので、より良い自分自身と他人の特性を認識することができます。

ここに自己信頼と傲慢の間の重要な違いがあります。

プライドの高い人は、内なる平和と自信の欠如を過剰に補わなければなりません。自信に満ちた人々は、しかし、相手の方法が来る何でもすることができると感じています。自信を持っている人は、他の人を脅威と見なし、代わりに他の人の利益のために自分の力を使用することを選択しません。傲慢な人は、自分の能力に疑問を持っているため、他人を支配しなければならないと感じています。

科学は、傲慢な人は自信家の人よりも恥を感じる傾向があることを証明していますが、そのため、他人を支配することで自分の感情を覆い隠さなければならないのかもしれません。

自信を持っている人々は、より多くの人格の特徴を持っています。
心理学者は、プライドの起源と目的に研究を行いました。相手の研究のために、相手は相手がプライドと関連付けられている単語を思い付くように人々を求め、単語の2つの異なるクラスタを発見した。人々 は達成と自信などのラベルとプライドの肯定的な特性をリンクします。しかし、相手は自画自賛、傲慢、驕りのような言葉でプライドの否定的な特性を関連付けられています。

相手の研究から、心理学者は、プライドが2つの異なるカテゴリに落ちることができると信じています。相手はそれらを本物のプライドと傲慢なプライドと呼んでいます。相手は虚栄心の2つのフォームのいずれかを表示した人々を研究したとき、相手はそれぞれのタイプに関連付けられている明確な性格の特徴を発見した。たとえば、本物のプライドを持つ人々は、そのような外向性、本物の自尊心、および良心的なような魅力的な、肯定的な資質に高いスコアを取得する傾向がありました。言い換えれば、相手は他の人とグループに適応するためのより例外的な能力のための共感を示した。

しかし、傲慢なプライドを持つ人は、ナルシシズムや羞恥心の傾向が強かった。これらの特徴は、人が自分自身に自信を感じていないことを意味するかもしれませんので、相手は何らかの形で相手の不安を過剰に補償する必要があります。通常、これは他の人の気持ちを却下したり、賞賛を受けるために誇示することが含まれます。

最大36000円キャッシュバック!【SoftbankAir】

研究者たちは、人々が最初に誇りや自信を表示し、社会的地位や部族の中での受け入れを達成するためだと考えています。グループが特定のスキルのためにそれらに依存しているように、いくつかの方法で、これは相手の生存を保証した。プライドは初期の人間を動機付け、生存の可能性を高めるためにグループの最善の利益のために行動するようになった。プラス、それは人が尊敬に値することをグループに示し、良い行動を補強した。

しかし、相手は否定的なプライドは、昔ながらの方法で尊敬を得ることができなかったグループの人々から来たと考えています。相手はグループの注目を集めた特定の特性を欠いていたので、相手は支配を主張するための他の方法を見つけ出さなければならなかった。

ここでは、どのようにナルシストは、すべてのものと逃げることができます。
自己確信的な人々は、すべての人を平等に扱うことで信じている、一方で傲慢な人々は唯一の自分自身について考えている。
アムステルダム大学とオハイオ州立大学によって7歳から11歳までの565人のオランダの子供たちに行われた心理学的研究は、相手の両親が繰り返し相手が “特別だ “と言ったとき、子供たちはより多くのナルシシズムを示したことを実証した。研究者によると、子供を過大評価する親は、傲慢な、権利を持つ大人を作成する危険性があります。ターンでは、これは他の人のことをあまり考えず、自分自身についてより多くのことを考える子供を作成し、それは傲慢を強化します。

研究では、より多くの肯定的な特性を持つ子供たちは、相手が他の人と同じくらい良いが、より良いと言った両親を持っていたことがわかりました。親は、子供を褒めたり特別扱いしたりするのではなく、愛と受容を重視する傾向がありました。

自己信頼は内なる平和を示しますが、一方で傲慢は住んでいることを意味します。



自信のある人はチームワークを信じていますが、一方で攻撃的な人々は、すべてのことをTHEMSELVESを行いたいと考えています。
自信に満ちた人々はチームとのよりよい仕事をすることを意味するより肯定的な特徴を持つ傾向があります。傲慢な人は、自分は他の人よりも何でもできると信じていて、誰の助けも必要としません。プライドが高い人は、たとえ他の人が努力のほとんどをしたとしても、仕事のためにすべての手柄を取る。しかし、自信に満ちた人は、チームの努力を認め、それに応じてチームを褒めます。

自信に満ちた人々は自分の長所と短所を知っているが、一方で傲慢な人々はほとんど自己知識を持っていない。
自信を示す人々には、内省と自己分析に多くの時間を費やすことから来る本物の自尊心があります。傲慢な人々は、相手がすでにすべてを知っていると信じ、新しい知識に向かって閉鎖的な考え方を持っています。しかし、相手は、相手がさせるほど多くを知っていないので、相手は継続的に自分自身を擁護しなければなりません。自分の弱点を知ることに特に興味があるようには見えません。

自己確信的な人々は構成的な批判をうまく扱う一方で攻撃的な人々はそれをブラシで払いのける。
自信と傲慢を区別する主な要因の1つは、批判を処理する能力にあります。もし誰かが他人からの提案に防御的になったり、怒ったりしていることに気がついたら、相手はおそらく低い自尊心を持っています。そのため、それを補うために厳しく振る舞わなければなりません。自尊心が高く、大きな自信を持っている人は、オープンな考え方を持っていて、どうすれば自分を向上させることができるのかを知りたがっています。

自信のある人は、自分の欠点を知り、それに応じて行動を調整できるように、他人の批判を招きます。

自信のなさからくる失敗

自己確信的な人々は、攻撃的な人々が常に行う一方で、他の人を印象付ける必要があると感じません。
集団の中でどのように振る舞っているかに注目してください:相手は大声で騒々しく振る舞っているのか、それとも静かで魅力的に振る舞っているのか?最も大きな声で話し、決して話すのを止めない人は、通常、最も低い自信を持っています。目立ち、優位性を主張するためには、他の人に話しかけ、一貫して誇示しなければなりません。しかし、本物の自信を持っている人は、自分自身に心地よさを感じているので、他人の注目を集める必要性を感じません。相手はリラックスした会話を楽しみ、通常は話すよりも聞く方が好きです。

自信に満ちた人は、静かな安心感を持っていて、他人を楽に惹きつけます。プライドの高い人は、注目を集めるためにグループを支配しなければなりません。

もっと自信を持つようになるには?
自分は自然に自信を感じていない場合は、そいくつかの簡単な習慣でそれを養う方法を学ぶことができます。

自分の感情を認め、自分の感情の強さを信じましょう。自分の感情を認め、自分の感情の強さを信じましょう。今は自信がなくても、セルフイメージに働きかけ、自分を高めていくことができます。しかし、不快な感情に屈してはいけません。その代わりに、単にそれらを感じ、それらに執着することなく、それらが自分の中を通過することを許してください。
たとえそれが不評であっても、自分の真実を話す。自信をつけるもう一つの方法は、自分が感じていることを丁寧に、尊敬の念を持って話すことです。自分自身をドアマットにしないようにしましょう。
行動を起こしましょう。自己憐憫の念にかられてはいけません。目標に向かって努力し、それを達成するために必要なものを持っていると信じましょう。
自分のことをポジティブに話しましょう。自分の思考は、毎日の自分の現実の毎秒を形成するため、否定的なセルフトークを終了します。自分への愛情のこもった考えを選び、他人からの褒め言葉を好意的に受け取るようにしましょう。

傲慢と自己信頼の違いについて
ご覧のように、傲慢と自信はあまり共通点がありません。非常に似ているように見えるかもしれませんが、反対の感情に由来するため、根本的な違いがあります。自信は愛から生まれ、傲慢は恐怖から生まれます。傲慢は人間の相互依存性を見ようとせず、一人で島に住んでいるのに対し、自信は架け橋を作ります。

理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

★ お気に入り追加