脳の発達を阻害する現代の子育て術!

特集

脳の発達を妨げる現代の育児法と、脳の発達を促す古来の育児法

現代の親のやり方や文化的な信念が子どもの発達を妨げていると主張しています。

幼少期の経験が脳の発達にどのように影響するか若者の人生の成果は、特に50年前と比較して悪化しています。

乳児の自室への隔離、騒いでいる赤ちゃんに早く対応すると「甘やかす」ことになるという考え方など、誤った習慣や信念が私たちの文化の中で一般的になっています。

このような状況の中で、昔から行われてきた育児方法の中には、脳の発達に良い影響を与えると繰り返し言われているものがあります。

泣いているときの対応、ほとんど常に触れていること、複数の大人が世話をすることなどは、発達中の脳に良い影響を与えることが示されている先祖代々の養育習慣の一部であり、人格を形成するだけでなく、身体的な健康や道徳的な発達にも役立ちます。

例えば、以下のような結果があります。

ポジティブなタッチは子どものストレスを軽減する。
赤ちゃんのニーズに応えることは、意識の発達につながる。
自然の中での自由な遊びは、攻撃性を減少させる。
世話をしてくれる人がいると、IQと共感力が高まる。

それにもかかわらず、子どもたちは以前ほど抱っこされなくなり、自由な遊びも1970年代に比べて激減しています。

その上、経済的・社会的な影響で大家族が崩壊しています。

これは、子どもたちが以前ほど多くの親戚に会わなくなったことを意味します。

自己調整、創造性、共感性の多くを司る右脳は、生涯を通じて成長することができます。

右脳は、乱暴な遊びやダンス、自由な芸術的創作など、全身を使った経験によって成長します。

ですから、親はいつでも子どもと一緒に創造的な活動をして、一緒に成長することができるのです。

タイトルとURLをコピーしました