Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

乳幼児が見たものを記憶しやすい時の感情とは?

 

5ヵ月児は、この感情と組み合わせて見たことを覚えています。

赤ちゃんは、ポジティブな感情とペアになっている場合は見たことを覚えていますが、それ以外の場合は覚えていないということがわかりました。

異なる感情にさらされることが、乳児の記憶にどのような影響を与えるかを調べたものです。

肯定的、否定的、中立的な声のトーンが、どの幾何学的図形を記憶できるかに与える影響を検証。

5カ月の乳児は明らかに話すことができませんでしたが、どちらをどのくらいの時間見ているかを確認するために、視線を測定しました。

乳児は、図形を見てから5分後と1日後にテストを受けました。これは、長期記憶とみなすものです。

その結果、5分後と1日後の両方で、最初に肯定的な声とペアになっていた形を記憶していました。

それに比べて、ニュートラルな声やネガティブな声と組み合わせた形は、まったく覚えていないようでした。

しかし、これらの感情が記憶にどのように影響するか、なぜ赤ちゃんがポジティブな感情とペアになったものを記憶するのかについてはよくわかっていませんが、大人を対象としています。

ポジティブな感情は、赤ちゃんの注意力と覚醒度を高めると考えられます。

これらのシステムが高まることで、赤ちゃんの処理能力が高まり、この幾何学的なパターンを記憶することができるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました