子供と大人が外で遊ぶべき理由の心理学!

特集

子供たちがずっと室内で過ごしていたら、自然の美しさを感じることはできないです。

屋外で遊ぶ子どもたちは、そうでない子どもたちに比べて、目的意識や自己実現の意識が強いことが分かりました。

週に5時間から10時間、屋外で遊んでいる子供は、地球との精神的なつながりが強いです。

これらの価値観は、人間の成長と幸福にとって非常に重要なものです。

かなり深い部分で真実であることがわかりました。

日記、観察、話を通して、子どもたちが自然界とどのように関わっているかを調べた結果があります。

屋外で過ごす時間が長い子どもたちは、自然の力を謙虚に感じ、世界に属しているという感覚を持っていました。

また、屋外で過ごす時間が長いほど、子どもたちの美に対する認識が高まりました。

子供たちは、自然の中の色、対称性、バランスに関心を持ち、想像力と好奇心を発揮しました。

これは何を意味するのでしょうか?

現代の生活は、人間と自然の間に距離を生じさせ、それがさまざまな意味で好ましくないことに気付いています。

これは恐ろしいことです。このことが子どもたちにどのような影響を与え、どのように対応すればよいのでしょうか。

屋外で過ごす時間が最も長い子供たちは、自分たちが子供の頃に両親が同じように過ごしていたことがわかりました。

両親は、この経験が大人になってからの人生を大きく変えたと感じているようです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました