赤ちゃんの脳が言葉の構造を持って生まれてくる?

特集

生後2日目の赤ちゃんは、言葉のような基本的な言語構成要素を好むという結果が分かりました。

人間は生まれながらにして言語に関する基本的な知識を持っていて、人間の最大の能力の一つを説明するのに役立ちました。

生後2日から5日の新生児が、通常の人間の言語には見られない、より「単語らしい」音節をすでに好むことを発見。

新生児に「良い」言葉と「悪い」言葉を再生しながら、近赤外分光法を用いて脳内の血液の酸素化を観察しました。

これは、人間には言語を構成する特定の基本要素を他の要素よりも好む傾向が備わっています。

問題は、この好みが生まれつきのものなのか、それとも時間をかけて言語に触れることで身につくものなのかということです。

ある種の音節に対する好みは生まれつきのものであるという考えが支持されました。

特定の音節を好む傾向は生まれつきのものであるという考えが支持されています。つまり、まだおしゃべりを覚えていない乳児は、言葉がどのように聞こえるべきかという感覚を持っているようです。

人間の言語の音のパターンは、鳥のさえずりによく似た、先天的な生物学的本能の産物であることを示唆しています。

このことは、多くの言語の構造の類似性を説明するのに役立ちます。なぜなら、これらの言語は、非常に基本的なレベルで、言語がどのように聞こえるべきかという共通の先天的な好みに基づいていると考えられるからです。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました