Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

脳の発達に影響を与える子ども時代の家族の問題

 

0~11歳の間に経験した子ども時代の逆境が小脳を小さくすることに関連しています。

幼少期に比較的一般的な家庭問題を経験した人は、後になって精神的な問題を抱えるリスクが高まることがわかりました。

比較的一般的な家庭問題(通常、軽度から中程度の重さ)を調べ、これらを脳の発達の変化と結びつけた1つです。

10代の子どもたちの脳画像データによると、両親の間に大きな緊張関係があったり、愛情不足であったりと、幼少期に問題を経験した子どもたちは、小脳が小さいことがわかりました。

小脳は、新しい技能の習得やストレスの調整などに関連する脳の領域です。

小脳の小ささは、深刻な精神疾患との関連性が一貫して指摘されていることから、後々の心理的な問題の指標となる可能性があります。

幼少期から青年期初期にかけて、重度の虐待やネグレクト、マルトリートメントだけでなく、軽度から中程度の家庭内の問題にさらされることで、発達中の青年期の脳に影響を与える可能性があることを示しています。

また、小脳の小ささは、後々の精神的な問題の指標となる可能性があることも主張しています。幼少期の不利な社会環境への曝露を減らすことで、典型的な脳の発達を促し、成人してからのメンタルヘルスのリスクを減らすことができるかもしれません。

予想外の興味深い発見として、14歳頃に重大な問題を経験した子どもは、17~19歳の時点で実際に脳の体積が増加していたことが挙げられます。

思春期の早い段階で軽度のストレスを受ければ、レジリエンスを高めることができることを示唆しています。

人生の初期には脳が敏感な時期があることがわかっています。

幼少期の脳は、ストレスやその他の不利な状況に対して特に脆弱です。

タイトルとURLをコピーしました