Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

共感することを子どもにどう教えるか?

 

無理強いしない。選択肢を与えると、子どもの共有行動は将来的に増加します。
幼い子供に自分のおもちゃを他人と共有させるのは難しいことです。

親の第一感として、賄賂を贈ったり、分けてくれと命令したりする人もいますが、これは長期的には間違いかもしれません。

3歳と4歳の子どもに、共有するかどうかの自由な選択を与えた場合、共有するように指示された場合と比較して、将来、より多くの共有をするように促すことがわかりました。

共有する性格を作る

子どもに共有するように指示することは、一見良いアイデアのように見えますが、逆効果になることもあります。

子どもたちは無意識のうちに、「言われたり、賄賂をもらったりしないと分けられないのなら、自分から進んで分けることはないだろう」と考えてしまうからです。つまり、自分はもともと「分け合う人」ではないと学習してしまうのです。

しかし、子どもたちに「分けてもいい」「分けなくてもいい」という選択肢が与えられれば、分けてくれる人は「分けてくれる人」だと思うようになります。

これは、人は自分の行動を観察することで、少なくとも部分的には自分が何者であるかを知ることができるという、確立された考えに基づいています。

自分が何者であるかに基づいて行動していると考えがちですが、それは部分的にはそうなのですが、それがすべてではありません。

なぜなら、何が原因で行動するのかわからないこともあるし、何をしているのか、何のために行動しているのかを知ることで、自分がどういう人間なのかを知ることができるからです。

通りの向こう側にいるおばあさんを助けると、「自分は通りの向こう側にいるおばあさんを助けるような人間だ」という考えが頭の中で強化されるのです。

これは自己実現的な予言です。

子供の場合も同様で、強要されたり買収されたりすることなく分け与えることに気づけば、自分は分け与えるタイプの人間だと判断する可能性が高くなるのです。

幼い子どもたちにとって、お金のかかる難しい選択をすることは負担になるのではないか、あるいは、一度共有した子どもたちは二度とその必要性を感じないのではないかと想像するかもしれません。しかし、実際はそうではありませんでした。一度、誰かのために何かを放棄するという難しい決断をした子どもたちは、その後、寛大になるどころか、より寛大になったのです。

タイトルとURLをコピーしました