Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

愛情のこもったタッチは未熟児にとって重要で成長に不可欠!

 

未熟児が愛情のこもったタッチを受けることで得られる心理的効果は、10年後に測定することができます。

多くの哺乳類がそうであるように、人間の赤ちゃんも生まれたときから母親との触れ合いを必要とし、それが肉体的にも精神的にも成長を助けます

しかし、早産で生まれた赤ちゃんは、ほとんどが保育器の中に入れられていて、人との触れ合いはありません。
「カンガルーケア」の介入を受けた未熟児を調査しました。

これは単に、母親が2週間にわたって1日1時間、赤ちゃんを肌に密着させるというものです。乳児が医学的に安定している限り、これは完全に安全です。

認知機能の向上
カンガルーケアを受けた乳児と、通常の保育器での保育を行った乳児を比較しました。

その結果、このようなシンプルな介入が母親と子どもの両方にもたらす効果は顕著であることがわかりました。

母親は子どもに対してより敏感になり、より母性的な行動を示しました。
母親の不安感が軽減された。
子どもたちは、より強い認知能力と実行力を持つようになった。
子どもはよく眠れるようになった。
子どものストレス反応が低下した。
子供への影響は、10年後にも明らかになった。

深い意味
早産児に対するスキンシップの長期的な効果です。

母親とのスキンシップが長期的に大きな効果をもたらすことを改めて示しています。このような接触によってもたらされる刺激のレベルの向上は、脳の発達にプラスの影響を与え、母と子の関係を深めるようです。

カンガルーケアは、最小限のコストで簡単に実施できる介入方法であり、子どもの発達に与える多面的で長期的な影響を考慮すると、世界中の未熟児のケアにこの介入方法を取り入れる必要があります。

カンガルーケアは、コロンビアで開発されたもので、保育器が不足していたため、医師が即興で行っていました。

タイトルとURLをコピーしました