Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

落書きは記憶力と集中力を高めることができる?

 

落書きは単なる時間と紙の無駄遣いではないようです。
落書きは、娯楽やリラックスのためのものから、創造性を高めるもの、さらには落書きから人の性格を読み取ることができるものまで、さまざまな主張がなされています。

いたずら書きが心の窓になるという考えは、おそらく間違っています。直感的に魅力的に思えるかもしれませんが、これはグラフ学と同じカテゴリーに属し、疑似科学です。

落書きを解釈しようとするのは時間の無駄かもしれませんが、落書きをするという行為自体は、ある状況下では注意力や記憶力に有益な習慣であると言えるのではないでしょうか?

非常に簡単な課題でも、正しい名前をメモするのに十分な時間、集中できるだろうかということです。

ここで、実験的な操作を行います。半分の方には、名前を書きながら、紙に書かれた小さな四角や丸を埋めてもらいました。残りは、ただメッセージを聞き、名前だけを書き留めました。

落書きをした人の記憶力は3割増し
結果を見ると、落書きの有益な効果が如実に表れています。落書きをしなかった人は、8つのターゲットのうち平均7つの名前を書き留めていました。しかし、落書きをした人は、8つの名前のほとんどを平均して書き留めていました。

注意力が高まっただけではなく、落書きは記憶にも効果がありました。何も覚えていなくてもいいと言われた被験者は、その後、サプライズで記憶力テストを受けました。その結果、落書きをした人の方が30%近くも良い結果を出したのです。

退屈な会議に参加しているときや、誰かに面白くない話を聞かされているときは、落書きをすることで集中力を維持し、重要な事実を引き出すことができるかもしれません。

怠ける心
しかし、なぜそれが有効なのでしょうか?
落書きが集中力を高めるのは、人の心の迷いを止め、聞くという主な作業を妨げないからではないかと推測しています。

人は退屈しているときや、単純な作業をしているときには、自然と心が揺れ動くものです。週末の予定や、さっき道で滑って恥ずかしい思いをしたこと、夕食は何にしようかなど、いろいろ考えてしまいます。

落書きをすることで、簡単な情報に注意を払うことができ、その場の雰囲気を保つことができるのです。それは、車のエンジンを切るのではなく、アイドリング状態にしておくようなものです。アイドリング状態でも、完全にボーッとしているわけではなく、周囲にある程度注意を払っています。

もちろん、落書きは、複雑な作業に集中しているときにする作業ではありませんが、比較的単純で退屈な作業をしているときに、十分な集中力を維持して、実際に作業をうまく進めることができるかもしれません。

落書きは、些細なことのように聞こえるかもしれませんが、心の迷い、ボーッとすること、注意力、退屈の性質など、人間の心理のさまざまな側面について語ってくれるので、とても興味深いものです。さらに、落書きには、単に時間と紙を無駄にするだけでなく、より高い目的があるというのは、とても素晴らしいアイデアです。

タイトルとURLをコピーしました