Googleのアップデートに影響されないSEOとは?最新SEO対策の内部構造整備が重要!

SEO対策特集

SEO対策では、突然起きるGoogleアルゴリズムの変更で大切な運営サイトが影響を受けないためにも、
WEBサイトでは、内部構造をしっかりと整えることが必要です。長期的に効果があり、重要になってきます。

今までに、作ったWEBサイトでは、1,500万人以上のアクセスを得ています。
一流のSEOのプロでも、長い期間有効なコンテンツを大量に用意しても過去に影響されてしまいました。

SEOの内部や外部の分析ツール、海外のSEOツールを使うのもとても重要になってきています。
作りだけでなく、検索キーワードなど複合的な分析が重要です。
内部対策であるテクニカルSEO対策ができる技術者も必要です。重要性が高い必要なSEO施策を解説しています。

テクニカルSEO対策とは?

SEO対策には、コンテンツSEO、外部対策SEO、テクニカルSEOがあります。
外部対策SEOはリンクなどを含めて、自然についてくるものなので、WEBサイトの作りの部分であるテクニカルSEOとコンテンツSEOの重要性が高いです。

検索キーワードを調査して有益なコンテンツを増やす必要があり、さらにオリジナル性、スピード、コンテンツの品質が重要になってきています。
更新頻度の重要性は下がってきました。それよりもページ単位での文字数やコンテンツの品質を上げていったほうがいいです。
影響などを受けるので、問題が発生したら、すぐに対処できる技術者も大切です。

検索エンジンは、賢いので、ユーザーを探している目的に一番あったサイトを上位に表示させます。
そのためにも、文字数や良質なコンテンツの品質は重要で、SEO対策に効果的です。

賞味期限があるネタを書くよりは、長期的に検索されるキーワードを調べて作成したコンテンツの方が結果アクセスは伸びます。
しっかりと時間をかけられたコンテンツが充実したサイトは、実験結果からみてもGoogleアルゴリズムの変更やアップデートによる影響を受けにくかったです。

SEOでは、ヒットする商品、アクセスが多いページを増やしていく必要があります。インフラ整備も重要です。
サイトの作りを改善していく重要性も高く、企業でも取り組みを始めています。内部対策をしっかりとしていきましょう。

Googleは、ユーザーファーストですので、検索結果にユーザーが知りたい情報に一番マッチした情報を表示させます。
今年SEO対策の本を50冊以上読みましたが一番書かれています。解析や効率的な分析も必要になってきます。
SEOツールはかかせません。お金を払ってでも使うべきです。

内部対策に特化したSEOツールを使う

SEO対策に特化したツールでおすすめなのがDeepCrawlです。サイト分析で効率化出来るので、他サイトに圧倒的な差をつけることが出来ます。
仲間内でもみんな使っています。SEOの課題解決は一人では大変ですが、見つけやすいです。SEO担当やシステム担当など、作業が楽になります。高いレベルでの対応が必要になってくる場合があります。最新のSEO知識を取り入れ、技術力を一流まで上げ、Googleから学んで重要な項目からWEBサイトに対策を施していきましょう。