Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

【2022年ワールドカップ最新情報まとめ】日本がスペインに勝利してグループEを制す

ワールドカップ グループE 最終結果

順位     試合|勝ち点|得失|総得点
1 日 本  |3| 6 |+1| 4
2 スペイン |3| 4 |+6| 9
-------------------
3 ドイツ  |3| 4 |+1| 6
4 コスタリカ|3| 3 |-8| 3

ワールドカップ 日本対クロアチア試合時間

ワールドカップ 日本対クロアチアの試合時間は、日本時間12月6日午前0時~です。
AbemaTVでは、ワールドカップの試合が見れます。14日間無料体験可能です。



ワールドカップ グループE・日本の試合結果

順位チーム名勝点得点失点得失点
1日本620143+1
2スペイン411193+6
3ドイツ411165+1
4コスタリカ3102311-8

ワールドカップ試合結果

ドイツ1-2日本
スペイン7-0コスタリカ
日本0-1コスタリカ
スペイン1-1ドイツ
日本2-1スペイン
コスタリカ2-4ドイツ

決勝トーナメント1回戦 対戦カード

12月4日午前0時~オランダ×アメリカ

12月4日午前4時~アルゼンチン×オーストラリア

12月5日午前0時~フランス×ポーランド

12月5日午前4時~イングランド×セネガル

12月6日午前0時~日本×クロアチア(NHK ラジオ第1で中継)

12月7日午前0時~モロッコ×スペイン

12月7日午前4時~ポルトガル×スイス

12月6日午前4時~ブラジル×韓国

オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】

日本がドイツに続きスペインにも勝利

スペインが予想通り日本に勝てば、ドイツがラウンド16に進出するはずでした。

日本代表は1日、カタールでワールドカップ優勝候補のスペインを2-1で破り、グループEを衝撃的な方法で勝ち抜き、ラウンド16への進出を決めました。

さらに驚くべきは、この試合のある時点で、スペインにもノックアウトされるチャンスがあったという事実だ。しかし、ドイツがコスタリカを4-2で破り、得失点差のタイブレークでスペインがラウンド16に進出することになったのです。

そのため、ドイツは勝利したものの、ワールドカップから敗退し、非常に残念な結果で帰国することになりました。

カタールのドーハにあるカリファ国際競技場で行われたワールドカップ・グループEの日本戦で、チームの先制点を決めたスペインのアルバロ・モラタが祝福しています。

ドイツが試合に勝ちさえすれば、あとはスペインが多くの人が予想していたように、日本を倒すだけでよかった。そうなれば、日本はワールドカップでの勝ち点がドイツ戦の3点のみとなり、後者がグループリーグで勝ち点1差でラウンド16に進むことになります。

日本対スペインの試合では、日本はスタートがうまくいかなかったです。相手が古典的なコントロールされたゲームを早い段階で展開し、それを利用したからです。

スペインは11分、セサル・アスピリクエタからのクロスにアルバロ・モラタが完璧なヘディングで日本のGK権田修一を抜き去り、スコアボードを手にしました。これはスペインの教科書的なサッカーで、ボールを細かくパスして、ネットを揺らすタイミングを見計らったものでした。

しかし、日本も黙ってはいない。後半に入り48分、堂安律が左足でスペインのウナイ・シモンのゴールネットを揺らし、試合を1点差に詰め寄ったのです。

木曜日、カタールのアル・コールで行われたワールドカップ・グループEのコスタリカ戦で、ドイツのレロイ・サネが反応しました。

しかし、決定的なゴールは物議を醸すものであり、ドイツが頭を悩ませるものであったことは間違いないです。

日本の三苫薫がバックラインを越えたと思われるスルーパスをセーブしてゴールキックとし、田中青がそれをネットに叩き込んで日本の後半2点目となりました。

ルールでは、ボール全体がラインを越えていなければアウトとみなされない。ビデオリプレイでは、三苫がボールを戻すのに十分なスピードがなく、実際にそうなったように見えました。

しかし、VARのチェックの結果、ボールはプレーにとどまっており、ゴールはカウントされ、日本がリードを広げました。

スペインはあきらめず、コスタリカが2-1でドイツをリードしていたため、ラウンド16を逃してノックアウトされる可能性があることも一応は理解していました。

しかし、ドイツは後半に3ゴールを挙げ、試合を制した。彼らにとっては十分ではなかったが、スペインにとってはまさに必要なことでした。

スペインは試合終盤にポゼッションを支配し、日本はノックアウトステージ進出のためにそれを抑え込もうとしただけでした。
もし失点していたら、ドイツに代わってホームに帰っていたかもしれないです。

日本は7分の追加タイムで試合終了のホイッスルが吹かれると歓喜し、街の反対側では勝利したにもかかわらず敗退の報を受け、ドイツが落胆していました。

ABEMA

あわせて読みたい