昼と夜で勉強するのに最適な時間はいつ?夜間勉強の4つのメリットと5つの考え方!

夜間勉強特集

1日の中で勉強するのに最適な時期はいつだと思いますか。

それは学生の間のそれらの無限の議論の1つです。
夜や日中に勉強した方がいいですか?

それぞれ、分かれる人がいて、選択の利点を試して納得させるために、好ましい方法の利点やメリットを説明します。

勉強するのに最適な時期とは?

誰もが自分が勉強するのに最適な時期を知っていると思っていますが、実際には一人一人が異なり、科学的な観点からの明確な勝者は存在しません。夜の勉強からより多くを得る人もいれば、朝や午後に勉強するのに最適な時間を見つける人もいます。塾や家庭教師は夜の場合が多いです。

双方の客観的な理由の観点から、私たちは次の利点を調査し、一度にすべてのことを試してみて答えるのに最適な時期は何ですか?

日中勉強する4つのメリットとは?

1.おやすみなさいの睡眠の後、おそらく次の日に集中するためにより多くのエネルギーとより高い能力を持つでしょう。

2.社会は、昼間は活動し、夜は寝るという構造になっているため、この規範を守ることで、図書館に行ったり、友達とコーヒーを飲んだりするなど、確かなメリットがあります。

3.ほとんどの人は日中連絡が取れるので、質問があれば、日中は友達や先生と簡単に連絡できます。

4. 自然光はあなたの目に良いです。人工光は私たちの目を傷つけ、私たちの自然な睡眠リズムに影響を与える可能性があります。



夜の勉強の4つのメリットとは?

1.日中、人々はより活発で、より大きく、そして激しい。夜はあなたと夜更かしだけなので、静かに静かに勉強できます。

2.幸運なことに、遅くまで開いている図書館の近くに住むことができれば、遅く勉強したいときに、図書館がほとんど見捨てられ ていることに気付くでしょう。

3.夜間は、日中よりも注意散漫が少なくなります。友達のほとんどは眠っていて、ソーシャルネットワークはあまり活発ではありません。

4.夜は物事が違って見えるのは事実です。夜は創造的な有効性を高め、概念を別様に見るのを助けることができます。

これらのオプションのそれぞれが勉強するのに最適な時間であるかもしれないより多くの理由があるかもしれません。
ただし、最終的にはすべて個人の好みに依存することに注意することが重要です。

残念ながら、実際には「勉強するのに最適な時間」という目的はありません。
それはすべて、性格、勉強しているもの、リソース、時間管理、および自然な睡眠サイクルに依存します。

夜に勉強するか考えているなら、参考になるかもしれません。



夜間学習のための5つの考え方

夜の学習が上手だとわかっている場合は、次の考えに従って、希望する学習時間を最大限に活用してください。

1.ルーティンを確立する:夜に勉強することに決めた場合は、散発的に行うのではなく、勉強ルーチンを確立してください。このようにして、体はそれに慣れ、可能な限り最高の学習パフォーマンスを得ることができます。数日と数晩勉強すると、体がおかしくなります!1つを選んで、それに固執することが大事です。

2.休息:夜に勉強する場合、これは睡眠不足を意味するものではありません。よく休んだ心が研究を成功させる鍵ですので、日中にいくつかの眠気をキャッチすることで睡眠を怠らないようにしてください。

3.照明:それは全員に起こります。夕方から勉強を始め、次のことはそれが夜であることを知り、暗闇の中で勉強している!これが一般的な出来事にならないことを確認してください。夜間学習をしている場合は、勉強が上手くなるので、適切に照明が灯された部屋で作業してください。

4.時間管理: 夜間勉強していると、時間を忘れてしまいがちです。これは、休憩を取るときの概要を示す学習時間割を作成することがさらに重要になります。勉強するときは、50分ごとに5〜10分の休憩を取ることをお勧めします。また、水分を補給してください!

5.音楽: 夜間で勉強することのメリットの1つは、創造性のレベルが上がることです。多くの人は、彼らの創造性が夜になるとより顕著になると信じています。そのため、多くのアーティストが夜通し働いています。あなたの創造性を誘発する良いアイデアは、あなたを刺激し、やる気を起こさせる音楽を聴きながら勉強することです。



★ お気に入り追加