コロナウイルス感染流行で経済的な援助や給付金を受ける9つの方法とは?

コロナ給付金特集

日本ではコロナ感染者が増加しており、多くの人が経済的な不安を抱えています。政府は、外国人を含む在日外国人全員に10万円の補助金を支給することを決定しましたが、もしあなたが収入を失った場合、支援を受けるための手段はいくつかあります。このリストはすべてを網羅したものではありませんが、あなたが支援を必要とする場合には、何か手始めに手をつけることができるでしょう。

個人の方
新型コロナウイルスのパンデミックで収入減に直面した個人を対象に、いくつかの支援制度や融資、納税補助などが紹介されています。

10万円分の配布資料
外国人を含めた日本に住んでいる人のほとんどは、すでに受け取っています。しかし、念のために主な情報をまとめておくと、4月27日時点で住民名簿に登録されている外国人で、ビザを3ヶ月以上携帯している人は、10万円の支給対象となります。

登録されている市区町村からは、すでに申請書が郵送されているはずですので、必要事項を記入し、身分証明書と銀行情報のコピーを添付して返送してください。マイナンバーカードを持っている人は、ネットでの申し込みも可能です。まだ何も届いていない場合は、お住まいの市区町村に問い合わせてみてください。

社会福祉センター貸付
社会福祉センターは日本全国どこにでもあり、生活保護や生活に困っている人のために、経済的なことでも、ちょっとしたアドバイスをしてくれるところです。COVID-19の流行に伴い、所得の減少が見られた人も融資を受けることができる条件が緩和されました。

ローンには2種類あります。

1:緊急資金

新型コロナウイルスの影響で収入が減少している世帯には、最大20万円が支給されます。申請するには、住民票、住民票、銀行情報を持って、お住まいの地域の社会福祉センターに行きます。受付の人に自分の状況を説明する必要があります。受付では、新型コロナウイルスの間に収入が減った割合、勤務先の名前、毎月支払わなければならない家賃の額など、基本的なことを聞かれます。その後、県議会に融資依頼書が送られてきます。承認されれば、2~3週間以内にあなたの銀行口座に直接振り込まれます。

2:一般支援資金

収入が激減した世帯を対象としたローンです。借りられる金額は
2人以上の世帯:200.000円/月、3ヶ月まで。
1人の場合:150.000円/月、最長3ヶ月まで。

いずれのタイプの借入についても、返済については相談時に説明があります。どちらのローンも据置期間は原則1年で、返済期限は緊急資金の場合は2年以内、一般支援資金の場合は10年以内となり、ご自身の銀行口座から自動的に引き落とされます。金利はいずれも0%です。

東京都の市区町村福祉協議会

その他の地域の福祉協議会

住宅保障給付金

政府出資のローンに代わるものとして、仕事を失った人や収入の減少が見られた人が対象となります。いくつかの注意点があります。

世帯の収入や貯金があるかどうかを審査します。
住宅ローンの返済は対象外で、家賃のみが対象となります。
認定された場合は、家賃の3ヶ月から9ヶ月分が対象となります。
家賃は市役所から大家さんに直接支払われます。
日本語での電話相談が必要です。コールセンターの一覧。
フリーランスや自営業の方が対象です。
会社員の場合は、現在の勤務状況を証明する書類(時間短縮、シフト変更など)が必要です。
恩恵を受けるためには、必要な手続きを案内してくれる市役所に直接連絡しましょう。

電気・ガス料金の延長
電気・ガス会社は支払い期限を1ヶ月延長しており、支払いが遅れた場合は柔軟に対応することが求められています。期限内に支払えない場合は、直接プロバイダーに連絡しましょう。

傷病手当金について
会社勤めをしていて、新型コロナウイルスに感染した場合、治療費や収入の損失を補償する「傷病手当金」が支給されます。

傷病手当金は、ケガや病気で4日以上仕事を休んだ場合、その間に収入が減った場合に公的医療保険から受け取ることができます。
また、検査で確認できなくても、感染の疑いがあり、自宅で治療を受けた場合も対象となります。

申請するには
治療のために働くことができなかったことを証明する雇用主の書類があれば、厚生労働省から手当が支給されます。

ただし、職場で他の人が感染しているために出勤できない場合はこの限りではありません。
申請は通常、人事部を経由して行います。制度や手続きの詳細については、雇用主または加入している公衆衛生保険者にお問い合わせください。

★ お気に入り追加